鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 鳥取県の鳩対策駆除サービス

鳥取県対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社何んでもおさか
鳥取県において数多くの地域のお悩みを解決してきたのが有限会社何んでもおさかです。主な業務は生活サポートに関わることが多いですが、害虫や害獣、害鳥の駆除も手広く行っている会社でもあります。害鳥の駆除は個人で行うことが出来ません、鳩などは「特定保護動物」に分類されているために鳥獣保護法で管理されています。鳩などの駆除するためには、まず自治体に許可を取るための申請を行わなくてはいけません。なので、鳩の捕獲に伴う巣の移動や、その他鳩の駆除に関わること全てに許可が必要になってくるのです。この許可は取ろうと思うとかなりの手続きが必要になってくるので非常に手間のかかってしまう作業でもあります。有限会社何んでもおさかはそういった手続きをとるためのノウハウもしっかりと熟知したうえで業務を多く行っている会社です。
鳥取県の鳩対策駆除サービス

鳥取県のコンクリートマンションに潜む鳩の糞尿被害対策

鳩による被害は全国で起きています。その中でも深刻なのが糞尿による被害です。鳥取県に存在するコンクリート製のマンションは40800棟になります。鳩の餌は、主に植物の種や豆類です。鳥取県のような自然に囲まれた土地で、餌に困らないはずの彼らがなぜ人間の住む街にまで餌を求めてやって来てしまうのでしょうか。実は、鳩がマンションや住宅のベランダに来るのは、餌だけが理由ではありません。自分たちの子供を産み、育てる場所に最適な所を求めてやってくるのです。巣作りとして最適な場所は、外敵が近づきにくい、高くて死角になっている場所です。そのため、ベランダに使わなくなったバケツを置いていたり、観葉植物を育てている場合は注意しましょう。そういった物があると死角になるため、巣をつくりやすいと思い、やって来てしまうことがあります。ベランダにやってきてしまうと、巣の問題だけではなく、物干し竿に糞尿をされてしまう場合があります。鳥取県では6月あたりから穏やかで暖かい日が続きますので、ベランダで洗濯物を干す人も多いと思います。物干し竿に糞尿があると、その糞尿が害虫を寄せつけてしまうこともあります。また、鳩の糞尿は人間に病気をもたらすこともあります。特に、小さい子供や老人がいる場合は早めに対策をとることが大切です。ベランダには太陽の光が反射するような反射材を吊るすのがおすすめです。聴かなくなったCDなどでも代用することができます。また、ベランダに糞尿がある場合は早急に対策をとることが大切です。なぜなら鳩は賢い動物なため、一度糞をした場所を安全だと記憶しています。また、その糞尿をみて仲間もやってくることがあるので、直接触らないように手袋をして、お湯などで洗い流しましょう。上記のような対策をとったり駆除をすることが難しい場合は、業者に対策や駆除の依頼をするのもいいでしょう。特に駆除となると、素人が完璧にこなすのは難しいため、専門の業者に頼んだ方が確実と言えます。

鳩110番の鳥取県地域における対応エリアについて

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!