鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩を駆除しないで放置するとこんな事が

最新情報・レポート

鳩を駆除しないで放置するとこんな事が

鳩は公園やマンションのベランダなどでよく見かける鳥で、直接人間に危害を加えることがないイメージがあります。しかし鳩の糞は人間に健康被害をもたらす恐れがあるので、ご自宅に鳩がよくとまるようになったら注意をするのが良いでしょう。鳩の糞は家の景観を悪化させるだけではなく、酸性のため手すりなど金属を腐食させてしまいます。物件の価値を低下させてしまうのです。鳩の糞にはサルモネラ菌など、人に重大な健康被害をもたらすウイルスや病原菌を媒介することがあるのです。またゴキブリやダニが大量に発生してしまう原因になることがあります。もし鳩が家のベランダなどに住み着いた場合は、できるだけ早急に鳩への対策をすることをお薦め致します。鳩がマンションのベランダなど高い場所に好んで巣を作るのは、カラス等の外敵から身を守り、猫などから卵を守るためと言われております。鳩が住み着いて糞が溜まると、他の鳩もその場所は安全だと認識して集まってきてしまいます。鳩の駆除をするには様々な方法があります。防鳥ネットを張ってベランダに鳩が侵入できないようにしたり、防鳥ワイヤーや忌避材を設置して手すりなどにとまれないように対策をしたりする方法があります。ハトは帰巣本能が強く、追い払ったとしても巣に対してとても執念深いため、鳩の駆除は業者へ相談するのが良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介