ベランダに鳩が!?ベランダの鳩の被害と鳩よけについて解説!|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > ベランダに鳩が!?ベランダの鳩の被害と鳩よけについて解説!

最新情報・レポート

ベランダに鳩が!?ベランダの鳩の被害と鳩よけについて解説!

ベランダに鳩が!?ベランダの鳩の被害と鳩よけについて解説します

 

街中でよく見かける鳥類といえば、鳩の名前を挙げる人は多いのではないのでしょうか。

 

よく見かける鳩は、街でいるときはそんなに迷惑に感じませんが、家のベランダに現れたときはとても厄介な存在で、住人に直接被害を与えてくる可能性がでてきます。鳩はいったいどのような被害を与えるのでしょうか?対策するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

今回は、住宅のベランダに住みつく鳩による被害内容と鳩よけについて解説していきます。

 

 

ベランダに住みつくとこんな被害が!

鳩がベランダに住みついてしまうと、さまざまな被害が考えられます。なかでも鳩がベランダに来ると厄介なのが、フンを落としていくということ。鳩のフンがどんな被害を与えてくるか、気になるところです。鳩がベランダに住みつくことで起こる被害について紹介していきます。

 

ベランダに白いフンがついている

街中で鳩の白いフンが落ちていて、嫌な気持ちになったことはないでしょうか?鳩のフンは見かけるだけでも気持ちの良いものではありません。それが自分の家のベランダに広がってしまうと考えると、さらに気分が悪くなってしまいます。

 

鳩がベランダに住みついてしまうと、大量の白いフンを残してしまいます。乾燥したフンは余計落ちにくくなり掃除も大変になってくるので、ベランダに鳩を住みつかせない対策が必要になってきます。

 

フンによる悪臭がする

鳩のフンをベランダに放置しておくと、フンによる悪臭がひどくなります。ベランダに服や布団を干そうとしても、不快なニオイが気になってしまい、”ニオイがうつってしまうかも”と不安になります。

 

大量のフンによるニオイで、隣の住人とのトラブルにもなりかねません。フン害による被害は自分以外のところにも広がってしまうので、注意が必要です。

 

ダニやノミが発生する

鳩の羽毛にはダニやノミが住んでいます。ベランダに鳩が住みついてしまうと、鳩が羽を落とすときに一緒にダニやノミを落としてしまって、ベランダがいつの間にかダニやノミだらけになってしまいます。

 

ダニとノミは人間の目では確認することができず、厄介な存在です。ベランダに干してある布団に入り込んで、部屋の中に侵入することも考えられるので、対策が必要になってきます。

 

病原菌が発生する

鳩はベランダにフンを落とすときに、一緒に病原菌を持ってきてしまいます。鳩のフンだけではなく、落ちている羽にも病原菌が潜んでいることがあるので、手で触らないように注意してください。

 

とくに、子供がいる家庭では要注意です。子供が知らぬ間に鳩のフンや羽に触ってしまい、菌に感染してしまうことがあります。子供は体が弱く、菌に感染しやすいので、近づけないようにするか、ちゃんと掃除をするようにしましょう。

 

騒音被害

鳩の鳴き声による騒音被害です。鳩の鳴き声が「ホーホー」とうるさい状況がでてきます。とくに朝うるさい鳴き声で起こされることがあるかもしれません。さらに、鳩がベランダに巣を作り、ひなが生まれてしまうともっとうるさくなってしまいます。

 

ベランダに住みついている鳩の鳴き声がうるさいと、近隣の人とトラブルになってくることも考えられるので、早めの対策が必要です。

 

鳩よけに有効なグッズ

鳩よけに有効なグッズ

 

現在はベランダに鳩がやってくるというケースが増えてきているので、対策ができる鳩よけグッズが多く販売されてきています。鳩よけグッズも種類によって効果が変わってくるので、好みにあったものを選んでみてください。

 

忌避剤

忌避剤には鳩が嫌がる成分が含まれています。鳩は学習能力が高いので、嫌だと思った場所にはやって来なくなります。鳩を寄せ付けたくない場所に忌避剤を使用します。鳩を撃退するといっても動けなくすることではなく、鳩を近づけさせないようにする・追い出すために使います。鳩を撃退できる忌避剤はスプレータイプ、ジェルタイプ、固形タイプなど使い方が豊富です。

 

たとえば手軽なスプレータイプは、長時間の効果を出すことはできないのですが、何度もスプレーを使用することによって、鳩が嫌な場所だと覚えて寄せ付けなくすることが可能です。

 

スパイク(針山)

スパイクというトゲ状の針山を設置して、鳩を近づけさせないようにします。スパイクを鳩が集まりそうな場所に並べて設置します。見た目としてはトゲトゲの針が並んでいる状態にして、鳩が降りることができないようにすることが大事です。

 

針が太かったり、針と針の感覚が広かったりすると、鳩が飛び降りることができ、安全な場所だと判断されてしまうので、細めの針のスパイクを選ぶようにしてください。スパイクは100円ショップで売っていることもあり、安価で揃えることができます。プラスチック製やステンレス製など種類が豊富なことが利点です。

 

ワイヤー、テグス

鳩を寄せ付けない対策としてもう一つ、ワイヤーを設置する方法があります。これはテグスというナイロンでできている糸で代用することも可能です。手すりは鳩がよく留まる場所ですが、そこにワイヤーを貼るように設置することで、飛んでくる鳩が留まることができなくなります。薬品を使わないで鳩を追い出したいというときに効果的です。

 

鳩よけネット

ベランダ全体にネットを張って、鳩が入れなくなるようにする鳩よけグッズです。ネットならどれでも良いという考えがあるかもしれませんが、ネットの編み目が大きいと鳩が侵入してくる可能性があるので、鳩が入れないぐらい細かい編み目のネットを選んでください。通常のネットでも代用できますが、鳩に困ったときは鳩専用のネットを選んでみると設置しやすいでしょう。

 

ただし問題点として、ベランダ全体にネットを張ってしまうので、外観の見た目が悪くなってしまうことには注意が必要です。また、マンションによっては制限されているところもあるので、賃貸住宅に住んでいる方はネット使用前に管理会社に確認するようにしてください。

 

なぜベランダに鳩がやってくるのか?

なぜベランダに鳩がやってくるのか?

 

普段は街中で見かける鳩がなぜベランダにやってくるのでしょうか?エサも置いていないのに、鳩がベランダにやってくる理由が分かりません。鳩がやってくる理由は「居心地の良さ」にあります。その理由について説明していきます。

 

羽やすめにやってくる

飛んでいる鳩が休憩するために、ベランダにやってくることがあります。鳩にとってベランダが快適だと感じてしまったら、フンを落としまたやってきます。鳩は群れる習性があるので、一度鳩が住みやすい環境と分かって羽やすめに最適だと覚えたら、今度は別の鳩を連れてやってきます。

 

そうやって鳩がどんどんとベランダにやってくるのを放置していると、鳩の被害も次第に甚大になってしまいます。

 

巣を作るためにやってくる

鳩が巣を作る際は、天敵を避ける場所を選びます。鳩の天敵は同じ鳥類の、カラスやワシやタカです。鳩は天敵が侵入してこないような少し入り組んだ場所を好みます。また、雨を避けるために屋根のある場所や、壁面に巣を作る傾向があります。

 

これらの条件にあっているのが、ベランダなのです。ベランダの死角を覗いてみると、鳩の巣ができているかもしれません。

 

一度巣を作るとまた作りにくるので注意

鳩は一度巣を作ると、再び巣を作りに来る傾向があります。鳩に、元いた場所に戻る習性があることが理由です。ご自宅のベランダに何度もやってくる習性がなくなるように、ベランダに住みつけるような空間をなくし、さらに追い出し対策をすることで鳩にとって嫌な場所だと覚え込ませることが大事です。

 

まとめ

鳩がベランダに住みつくと、どんどん鳩の被害が拡大していくということが分かりました。鳩は群れる習性があり、ベランダが安心できる場所と覚えてしまったら、どんどんとやってくるのです。

 

対策するグッズは多く販売されているので、自分で取り組みやすい方法で対策してみるとよいでしょう。しかし、自分では対策してもまた戻ってきてしまったり、鳩が巣を作ってしまって対処が難しくなってしまったりといったこともあります。

 

そんなときは、鳩駆除の業者に頼んでみるのも一つの有効な手段です。鳩を寄せ付けない予防策を施すだけでなく、希望すればフン害の消毒やアフターフォローもおこなってくれるので、鳩による被害に悩まされることがなくなるのでオススメです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介