鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩対策として剣山を使用する時の3つのポイント

最新情報・レポート

鳩対策として剣山を使用する時の3つのポイント

鳩対策として剣山を使用する時の3つのポイント

近年、特に都市部で鳩被害の件数が増加しつつあります。
鳩は都会にも生息する野鳥の1種です。もともと崖などを好んで住んでいる鳩は、マンションや高層ビルなどの建物にも住み着きます。一般的な戸建住宅でもベランダやソーラーパネルの隙間などに住まれることもあるようです。

鳩被害にあった場合の対処方法の1つに「剣山」があります。剣山は鳩が停まれる足場を物理的に減らすことができます。そのため、居心地の悪いと感じた鳩が飛来しなくなるという効果が期待できます。

しかし、剣山によって鳩被害を抑制したい場合は、気をつけるべきポイントが3つあります。剣山を設置しようと考えているのであれば、以下の3つのポイントを守って設置すると、剣山の効果を最大限に発揮できるでしょう。

 

 

 

ポイント①:鳩から受けている被害状況を把握する

剣山を設置する前に、まずは鳩被害がどれぐらいあるのか確認することが大切です。鳩被害には被害状況によっておよその段階が決められています。

 

  • ・休憩場所にする
  • ・待機場所にする
  • ・ねぐら場所にする
  • ・営巣場所にする

 

休憩場所には鳩が短時間飛来します。まだ警戒心が強い段階ですので、この状態だと比較的簡単に寄せ付けなくすることができます。

滞在時間が長くなったり、複数の鳩が飛来するようになると、待機場所となります。周囲への警戒が薄れて、ベランダなどの手すり部分にしか来なかったものが徐々にベランダの床にまで侵入してくるようになります。

鳩の滞在時間が延び、ベランダの至る場所に侵入してくるようになったら、ねぐら場所として認知されてしまっている可能性があります。休憩・待機場所よりも居座る時間が長くなっているため、糞や鳴き声の被害が酷くなります。

ねぐらになってしまっている状態を放置してしまうと、鳩の営巣場所となってしまいます。鳩は警戒心が高いため巣を作る場所は安全な場所を求めます。営巣をしているということは、鳩に完全に安心できる場所と認知されてしまっていることをしめします。

剣山による鳩対策は、このうち休憩・待機場所になっている場合に効果が期待できます。ねぐら場所や営巣場所になっている場合は、ベランダ内にまで侵入してしまってきている場合が多く、広範囲にわたって剣山を設置しなければならなくなるため、かえって費用がかかってしまう場合があります。 もし使用するのであれば、他の鳩対策グッズと組み合わせる方がよいでしょう。

 

ポイント②:鳩が停まりにくい剣山を選ぶ

ポイント②:鳩が停まりにくい剣山を選ぶ

剣山による鳩対策を行う場合、「鳩が停まりにくい剣山かどうか」について着目する必要があります。剣山は“鳩が停まる場所を物理的になくす”ことで鳩の飛来を防ぐ忌避グッズです。そのため鳩が停まりにくいものを選ぶようにしましょう。

剣山型の忌避グッズは様々なタイプのものが販売されていますが、「強度」と「長さ」に注目して選ぶ必要があります。

強さは、ものを上に載せても曲がらないようなものがよいです。プラスチックタイプのなかには柔らかいものもありますが、鳩が上に乗った時にしなってしまうものは効果が見込めません。鳩に傷がつかないような先端の形状かつ、上に乗っても曲がりにくいものを選びましょう。

長さにも注意が必要です。短すぎるものは足の踏み場さえ確保できれば何の障害にもなりえません。住み心地が良い場所と認識されていると、多少の不都合があってもそのまま住まれてしまう可能性があります。
鳩の足元を邪魔する程度の長さではなく、鳩の胴体から頭部付近までの長さのものを選ぶと最適です。

 

ポイント③:設置は極力隙間なく!

剣山タイプを設置する場合は、極力隙間のないように設置しましょう。設置した時に剣山どうしのつなぎ目やベランダの端に隙間があると、鳩はその隙間をうまく利用して飛来するようになります。
その場合、剣山が飛来した鳩を猫やカラスなどの外敵から守ってしまうことになります。そうして安全な場所だと認識されてしまうと、営巣場所になってしまうこともありますので、設置する際は十分に注意しましょう。

剣山自体に隙間があったり、ベランダの端にまで剣山をうまく設置できない場合は、鳩が忌避する臭いのスプレーやジェルなどの鳩忌避グッズを併用するとよいでしょう。

スプレータイプは雨風に弱いものも多いです。見た目に影響を与えないので景観を維持したまま忌避できるので便利ですが、高頻度で散布しなおさなくてはいけません。

ジェルタイプのものは長期間持つものも多く、様々な形状で設置できるため併用しやすいですが、撤去時に跡が残る場合があります。

 

被害状況が酷い時は「業者に相談」した方がよい

被害状況が酷い時は「業者に相談」した方がよい

鳩被害にあったら、まずは被害状況を把握してしっかりとした対策を行うことが大切です。しかし鳩被害が軽度だからと放置してしまうことも多いようです。

鳩から受ける被害は糞や騒音だけではなく、健康被害を受ける場合があります。鳩の糞や鳩自体には様々な菌が付着しています。直接触れてしまったり、粉末状になった鳩の糞を吸い込んでしまうと、健康被害に遭う可能性も十分考えられるのです。
高齢者やお子さんなど身体が丈夫でない方が摂取してしまうと、命にかかわる事態に陥る可能性もあるため、早急な対処をするようにしましょう。

また、鳩に対して危害を加えたりすると、「鳥獣保護法」という法律にふれてしまう可能性があります。そのため、鳩を怪我させずに近寄らせなくする方法を取らねばなりません。

鳩はいちど安全だと感じた場所を見つけると、追い出しても戻ってくる可能性が非常に高いです。鳩からの被害が深刻化しているのであれば、法律のことを考えても自力での対処は厳しいものとなります。
被害が悪化してしまう前に、プロに相談してみた方がよいでしょう。

 

まとめ

鳩対策として剣山を使用するのは効果的です。しかし、被害状況によっては効果が薄くなってしまうため、現在受けている鳩被害がどれぐらいなのか知り、適切な方法で対処しましょう。

ベランダなどに短い期間鳩が飛来したり、他の鳩との待ち合わせ場所に使用されている程度であれば、剣山は大きな効果を期待できます。

剣山は「長さ」と「強度」に注目して適切なものを選び、鳩がよく停まる場所付近に隙間なく設置するようにしましょう。

また、鳩対策には鳩忌避グッズを複数組み合わせることでより効果が見込めます。1つだけではなく、ワイヤーやネット、スプレータイプなども併せて使用してみましょう。

鳩駆除を行う場合は「鳥獣保護法」という法律を念頭に置いておく必要があります。害鳥に分類される鳩はこの法律に守られているため、ハトやヒナ、卵に危害を加えてしまうと法律違反になってしまう可能性があるので注意しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介