鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩対策はネットで……かっこ悪いが効果はある!ベランダ設置の注意

最新情報・レポート

鳩対策はネットで……かっこ悪いが効果はある!ベランダ設置の注意

ベランダにやってくる鳩を専用忌避剤などのアイテムで追い払うことが難しくなってしまったときは、鳩対策にネットを張ることをおすすめします。鳩に近づいてほしくない場所を鳩よけのネットで広範囲にわたって覆うことにより、鳩の侵入を物理的にストップできるからです。

このコラムでは、鳩対策ネットの特徴や効果的な設置方法・使う際の注意点などをくわしくご紹介いたします。洗濯物を干したり植物を育てたりするベランダを鳩に汚されないためにも、ぜひ設置してみましょう。

「ベランダって高所だし、取り付けられるか不安……」という方は、ぜひ弊社サービスをご活用ください。多数の加盟業者のうち、あなたに最適な業者をご紹介いたします。


鳩対策にはネットがオススメな理由

鳩対策にネットがオススメな理由は、ほぼ確実に鳩の『侵入を遮断』することが可能だからです。外部から自由に入ってくることさえ阻止できれば、鳴き声による騒音や糞害などの被害を受けることはなくなります。

被害がまだ軽度のうちは、ホームセンターやネット通販で市販されている忌避剤などを設置するだけでよいでしょう。鳩がやってくる時間がわずかであれば、鳩の嫌がる成分を含んだ忌避剤を正しく設置することで鳩が近づかないようになる可能性は高いです。

しかし、鳩が長時間ベランダに滞在するようになったときは、鳩にとってその場所は寝床も同然になっています。鳩は安全だと一度認識した場所には強く執着しますので、忌避剤で嫌がらせる程度の対策では、もう効果は期待できないのです。

また、鳩は『鳥獣保護法』で守られている存在のため、生活に悪影響をもたらしているとはいえ、傷つけるようなことはできません。傷つけたことが露見すれば、厳しい罰則を受けることになります。そのため、忌避剤など間接的な方法で追い払うグッズが多いのです。

それに対して鳩対策ネットは物理的に侵入を遮断することができますので、強く執着している鳩に対しても効果的です。鳩を傷つけてしまう心配もないので、鳩対策としては非常に使いやすいアイテムだともいえます。

しかし、それらの道具を正しく使用することは、決して簡単ではありません。ましてや、ベランダにネットを張ることは高所作業であり、落下という危険もあります。

もし「怖くてできない……」という方がいらっしゃれば、ぜひ弊社にご相談ください。弊社には、鳩対策のプロが多く加盟しております。「夜間しか時間を作れない」「女性スタッフに対応してほしい」などのご要望にも、できるだけ応えさせていただきます。お電話によるご相談は、24時間いつでも可能です。お電話、お待ちしております。

鳩よけネットの取り付け方法

忌避剤も効果がなくなった、被害が軽いうちから徹底的に鳩対策したいという場合は、早速鳩対策のネットを取り付けましょう。戸建てにお住まいの方は、ベランダの大きさにあったネットを購入し、落下しないように細心の注意を払って作業をおこなってください。

分譲マンションや賃貸アパートにお住まいの方は、まず鳩対策ネットを設置してもよいかの確認が必要です。分譲マンションであれば『管理組合』、賃貸アパートであれば『大家さん・管理会社』に相談しましょう。

許可をもらうことができれば、ネットを購入して作業を始めます。もし許可を得られなかったときは、ぜひ弊社にご相談ください。ネットを張らずにどうにか鳩を追い出すために、しっかりとしたサポートをさせていただきたいと思います。

鳩よけネットの選び方

鳩よけネットの選び方

鳩よけネットを選ぶ際は、以下のポイントを意識しましょう。

〇網目の大きさ

『50mm×50mm』のものを使うことが一般的です。実物を見たときに、この網目の大きさで本当に鳩対策になるのか不安に感じた場合は、ひと回り小さい『25mm×25mm』のものを選んでもよいでしょう。

ただし、網目が小さくなればなるほど、風が抜けにくくなるため、強風の衝撃で固定具が外れるリスクもあります。『50mm×50mm』が一般的とされているのは、標準的なサイズの鳩であれば侵入できないし、風もしっかりと抜けるため壊れるリスクも低いからなのです。

〇ネット全体の色

鳩よけネットのデメリットには、設置すると外から見たときの美観を損なうというものがあります。そのため、マンションの管理組合や賃貸物件の管理者が、嫌がることもあるのです。鳩よけネットのせいで物件の美しさが損なわれ、新しい人が住みたがらないかもしれないと考えることが理由といえます。

色を選ぶ際は、物件の外壁の色に合ったものがよいでしょう。一般的なのは黒色です。ほかにも、白やグレー・グリーンなどがあります。透明タイプなら万人受けすると考えて選ぶ人も多いですが、日光を反射すると不自然に光って目立つこともあるため注意しましょう。

〇取り付け方法

鳩よけネットの中には、壁に穴をあけなければならないものもあります。穴をあけてしまうと、そこから雨漏りが起きてしまったり、地震の際にその穴を起点にして亀裂ができてしまったりするかもしれません。雨漏りで室内にカビが繁殖したり、耐久性の低下につながったりすれば、健全な生活を守るために鳩対策をした意味がなくなってしまいます。

ネットを選ぶ際は、穴をあけないタイプがオススメです。ボンドを使って付属の固定具を壁にしっかりと接着させ、ネットを取り付けるものが一般的です。

鳩よけネットのDIY

鳩よけネットを購入することができたら、ベランダに取り付けていきましょう。『高所作業である』という点さえなければ、取り付けはそれほど難しくはありません。

以下では、固定具であるフックを壁に接着するタイプの鳩よけネットを例に、設置手順をご紹介いたします。高所作業に対して不安がないという方は、ぜひ試してみてください。

1.ベランダにフックを取り付ける
ベランダ端の上下左右の壁・手すりに接着剤を塗る。フックは『50cm~100cm』の間隔をあけて取り付けていく。

2.フックが固定できたらネットを取り付ける
ものによって異なりますが、フックは数分で動かなくなります。動かなくなるまで待ったあと、フックにネットを引っ掛けていきましょう。

取り付け作業は、たったこれだけです。旗よけネットはほかにもあり、それぞれで取り付け方は異なりますが、外壁に穴をあけないものであればどれも難しくはないです。

ただし、難しくないのは、高所作業が平気な方に限ることを忘れないでください。

隙間があると侵入されるので要注意!

鳩よけネットの効果は絶大です。適正に張ることさえできれば、鳩が侵入してくることはまずありません。しかし、少しでも張り方に問題があれば、効果は一気に薄れてしまいます。ただネットを張っておけば安心、というわけではないのです。

鳩には、居心地のよい場所に対する執着心が極めて高いという性質があります。居心地のよい場所での生活を守るためであれば、ちょっとやそっとの障害はものともしません。そのため、ネットがたるんでいて上下左右に隙間があれば、容赦なく侵入してきます。

鳩対策にネットを使うのであれば、上下左右に少しの隙間もできないように、しっかりと張らなければならないのです。しかし、初めて作業する人にとっては、決して簡単ではありません。「ネットを張ったのに、鳩が入ってくる……」といった問題も多いです。

自力で張ってみたけれど効果がない場合は、効果が出るまで何度も張り続けなければなりません。それは手間ですし、ストレスにもなってしまいます。大切な自分の時間を、できるだけ鳩対策に割きたくないという方は、最初からプロに依頼しましょう。

一度プロにやってもらえば、年数が経つことによる避けられない経年劣化や、大型台風などの自然災害によってネット自体が壊れてしまうまでは、ずっと鳩被害を防げます。

鳩対策のプロをお探しの方は、ぜひ弊社にご相談ください。鳩対策ネットはもちろん、ネットを張ることができない場合の対策もしっかりとおこなえるプロをご紹介いたします。ご連絡、お待ちしております。

鳩よけネットの設置はプロに任せよう!

鳩対策をネットによって楽かつ徹底的におこないたいのであれば、最初からプロに依頼することをオススメします。先述しましたが、鳩は安全だと思った場所に執着する厄介な生きものです。自分の力だけの対策では長期戦になってしまい、貴重な時間を随分と費やす羽目になってしまいます。

鳩に悩まされない生活を楽に得るためにも、プロに依頼するとよいです。そこで、プロに鳩よけネットの設置を依頼した際に発生する費用や、その他サービスの例などについて、ここではご紹介いたします。

鳩よけネットの設置にかかる費用相場

鳩よけネットの設置にかかる費用相場

鳩除けネットの設置をプロに依頼したときの費用相場は『およそ1万5千円~6万円』になります。見てわかるとおり、同じ建物で同じ作業をおこなう場合であっても業者によって料金設定は異なるため、費用の下限と上限には開きがあります。すぐ設置依頼をするのではなく見積りから始めるとよいでしょう。

業者がおこなうサービス例

鳩対策業者がおこなうサービスは、鳩よけネットの設置だけではありません。以下のようなサービスもおこなってくれます。

〇フンや羽毛による汚れ洗浄

鳩が寄りつくようになってしまうと、ベランダのあちこちがフンや羽毛によって汚れてしまいます。それらを徹底的に洗浄してきれいにする労力は並大抵のものではありません。プロであれば効果的な方法も熟知しているため、あっという間にきれいにしてくれます。

〇消毒作業

鳩のフンには、人に害をもたらす多くの菌が潜んでいます。食中毒を引き起こす『サルモネラ菌』や『トキソプラズマ』、肺炎の原因になる『真菌類』や『オウム病クラミジア』などです。プロは、フンの掃除に合わせて、健康被害がないように消毒もおこなうのです。

これらのサービス以外に、保証制度を整えているなど、独自のサービスを展開している業者もあります。サービス内容についてくわしく知りたい場合は、業者の公式サイトを閲覧してみたり、電話相談をして尋ねたりするとよいでしょう。

鳩対策をしてくれる業者の探し方

昨今の情報社会であれば、鳩対策をしてくれる業者を見つけるだけなら難しくはありません。『鳩対策 業者』などでネット検索をおこなえば、多くの業者がヒットします。

しかし、優良な業者を見つけたいとなると、話は別です。ネットで調べれば多くの業者がヒットするからこそ、その中から「ここだ!」と思えるところを選ぶことはひと筋縄でいきません。優れたところを選ぶには、経験が必要なのです。

経験が少ないという方は、優良な業者を紹介している業者を活用するとよいでしょう。紹介業を営んでいる業者は、不親切な業者を紹介してしまえば自分たちの利益が減ってしまうなどのリスクがあります。

そのため、相談してきた人の望みをできるだけ叶えられる業者を、加盟業者の中から選んで紹介します。業者紹介サービスをおこなっている業者は、業者探しに不慣れな人にとって、大変役立つところなのです。

弊社では、まさにその業者紹介サービスをおこなっております。多数加盟している鳩対策のプロのうち、あなたに最適な業者をご紹介することが可能です。ご相談は24時間、いつでも承っております。ご都合のよろしいときに、お電話ください。お待ちしております。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

鳩の被害のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談

現在、
すぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問