鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩被害はレベル4になると大変!深刻になる前にベランダ対策をしよう

最新情報・レポート

鳩被害はレベル4になると大変!深刻になる前にベランダ対策をしよう

鳩の被害はレベルによって内容が異なります。被害が大きくなる前に、対策することが重要です。

休憩のために1~2匹の鳩がたまに来るだけであれば、それほど大きな被害は出ないかもしれません。しかし巣を作り居座るようになってしまうと、騒音や異臭、感染症などの被害が出ることもあります。

そのため放置を続けることで、「予想以上に深刻な事態になってしまった……」という事態にもなりかねないのです。

当記事ではレベル別の鳩被害や対策をご紹介しています。早期対処をして被害を未然に防ぎましょう。

【レベル別】鳩被害の特徴と大きさ

鳩の被害は、4段階に分けることができます。レベル別に特徴や規模の大きさをご紹介するので、被害に合った対策をしていきましょう。

レベル1:休憩鳩

レベル1:休憩鳩

レベル1には、鳩が羽を休めるときに立ち寄ることで被害を及ぼす休憩鳩が相当します。鳩は基本的に昼行性ですので、昼間にベランダの手すりのうえで被害が起きやすいです。

羽を休めている際に、休憩鳩は軽度の落ちた羽やフン汚れによる被害を及ぼします。フン汚れは放置をすると、病気などの体調不良を引き起こすおそれがあるため、掃除をする必要があります。

また、鳴き声による騒音被害ももたらします。しかし滞在時間は長くないため、被害の規模も小さいことが特徴です。

レベル2:待機鳩

レベル2は、ほかの鳩を待つ鳩が起こす被害です。レベル1を放置して、鳩が「この場は安全」と判断した場合に、レベル2になってしまいます。

レベル1のときよりも滞在時間が長くなるため、フンや騒音の被害の規模が大きくなってしまいます。またベランダの手すりだけでなく、床などにも居つくようになるので、洗濯物にフンが付着してしまうといった被害も考えられます。

レベル2までであれば、自力で対策をできる可能性があるので、「【賃貸マンション】ベランダの鳩対策に有効なアイテム4選」を参考に対処していきましょう。

レベル3:ねぐら鳩

安全な場だと判断して、ねぐらにしだした鳩がレベル3にあたります。ねぐらは3方から囲まれているような、室外機裏などの場所に作られます。

ねぐらになることで、早朝や深夜も居つくことになります。より滞在する時間が長くなるため、フンや騒音の被害はより大きくなってしまうでしょう。

レベル4:巣作り鳩

レベル4になると、巣作りや繁殖がおこなわれてしまいます。巣を作られてしまったので、簡単に追い払うことはできません。

またフンや騒音の被害も非常に大きく、場合によっては害虫の発生や金属の腐食などの二次被害を引き起こします。

もしレベル3~4の鳩が居つくようになってしまったら、自力で対処することは困難です。その場合は、「被害レベルが大きい場合は早急に業者へ」などを参考に、業者へ対策を依頼しましょう。

【賃貸マンション】ベランダの鳩対策に有効なアイテム4選

鳩による被害レベルが1~2の場合は、対策のアイテムを使用することで、被害の拡大を防ぐことができるでしょう。鳩対策に使われるアイテムには、おもに「忌避剤・ネット・スパイク(剣山)・ワイヤー」などがあります。

・忌避剤

・忌避剤

鳩の性質や嫌がるニオイなどを利用して作られるのが忌避剤です。忌避剤には、スプレータイプやジェルタイプなど、さまざまな種類があります。

スプレータイプは、手すりなど鳩がよくとまる場所に噴射して使用します。ジェルタイプは、鳩の足元にジェルが付着することで、不快感を与えて寄り付きづらくする効果があります。いずれも雨などで流れやすいため、効果が短期間なのがデメリットです。

・ネット

ベランダにネットを張って、鳩の侵入を防ぐ方法です。物理的に侵入できないようカバーすることができます。そのため効果は非常に高いですが、景観の問題から物件によってはおこなえないケースもあります。

見栄えがよいものではないので、被害が大きくなってしまったときの最終手段として考えておくとよいでしょう。

・スパイク(剣山)

たくさんの針がついたスパイクを手すりなどに設置する方法です。あらかじめスパイクを設置しておくことで、手すりにとまろうとした鳩が、針に接触してとまれなくなるという仕組みです。

スパイクは設置をしておくだけでよいため、手軽に対策をしたい方にはぴったりです。しかし、樹脂製など素材がやわらかいと効果が薄く、気にせず手すりにとまることもあります。

・ワイヤー

スパイクと同じように、手すりの着地を防ぐ効果があるのがこちらのワイヤーです。手すりなどにワイヤーを張っておくことで、「手すりに何かある」と思わせることができるのです。

ただし鳩被害のレベルが高い場合は、ワイヤーがあったとしても気にせずに侵入されてしまうことがあります。被害レベルが高いと効果がないため、鳩被害が初期段階の場合に利用することをオススメします。

このように、鳩の対策アイテムはいくつもあります。しかしその数の多さから「じっくり選んでから対策をしよう」と考えていると、すぐに鳩の巣を作られてしまうかもしれません。鳩の対処は緊急度が高いものです。そのため、もし対策に自信がなかったら業者に任せるのもひとつの手です。

弊社は鳩被害にお悩みの方へ、鳩対策をおこなうことのできる業者を紹介しております。まずはお気軽にご相談ください。

被害レベルが大きい場合は早急に業者へ

鳩対策は根気がいります。そのため、うっかり対策をせずに鳩を放置してしまうこともあるでしょう。うっかり放置して鳩被害のレベルが大きくなってしまったら、対策から予防までおこなってくれる、業者へ依頼をすることをオススメします。

上記でもご紹介したように、鳩は放っておくと巣を作ってしまいます。鳩には帰巣本能というものがあり、一度巣を作ると巣に対して強い執着心を持つようになるのです。また縄張り意識もあるため、簡単に追い払うことはできません。

しかし対処が難しいからといって悩んでいると、被害はどんどん大きくなってしまいます。業者であれば、今までおこなった対策知識や経験を生かして作業をすることができます。依頼をすれば、ご自宅の状況に合わせた有効な方法で対処をおこなってくれることでしょう。

業者に依頼をする全体の流れ

業者に依頼をする全体の流れ

はじめて業者の利用をする方であれば、今後の流れが想像しづらいかもしれません。そこで、依頼のおおまかな流れをご紹介します。

(1)業者に相談をする
まずは依頼先の業者に、電話などで相談をしましょう。業者は事前にホームページや口コミを確認して、信頼のできる業者をお選びください。

(2)現地調査をおこなってもらう
次に現地調査をしてもらいます。現地調査の内容をもとに、見積りを算出します。調査前であれば「現地調査は無料か」、調査後であれば「見積り以上の追加料金がかからないか」を確認しておきましょう。

(3)作業日を決める
見積りなどに納得すれば、具体的な作業日を決めます。時間をあけると被害は深刻になるため、なるべく早い時期におこなうことをオススメします。

(4)当日に作業をしてもらう
業者がご自宅へ伺って作業をおこないます。同じようなトラブルを繰り返さないためにも、作業は追い払ってもらうだけでなく、予防まで依頼をしておくことをオススメします。

依頼をお考えの方は弊社へご相談ください

鳩は業者へ依頼をすると、効率よく対策をすることができるでしょう。しかし業者は数が多いため、どこへ依頼をすればよいのか迷う方も多いかもしれません。業者によってサービスの質や料金のシステムは大きく違います。そのため、自分に合った業者を探すのは大変なものです。

弊社では、鳩の対策をおこなっている優良な業者をご紹介しております。無料の現地調査で、現状をしっかりと確認したうえで見積りをとらせていただきます。基本的に見積り以上の費用はいただかないので、安心してご利用していただくことが可能です。

電話相談は24時間365日、日本全国で対応をしています。真摯に対応させていただきますので、ぜひ不安や疑問点をお聞かせください。

鳩の被害のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談

現在、にすぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問