鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳥よけに磁石が効果的じゃない理由|適切な対策と業者に頼むべき目安

最新情報・レポート

鳥よけに磁石が効果的じゃない理由|適切な対策と業者に頼むべき目安

ベランダやお庭、駐車場などをフンで汚してしまうやっかいな鳥の被害に対策をするのなら、業者に任せるのがおすすめです。市販されている鳥よけ磁石には効果があるという意見もありますが、明確な科学的根拠はなく、効果が長続きしない例もあるようです。

鳥よけネットや鳥よけシートなど効果のあるグッズもありますが、素人では上手に施工するのが難しいこともあります。より効果的に対策をするには、プロに任せたほうがより確実でしょう。

このコラムでは、鳥よけグッズの特徴や適切な使い方、鳥害対策を業者に頼んだ場合の費用や業者の選び方を解説します。鳥の被害でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

鳥よけ磁石などのグッズには効果が続かないものもある

鳥よけのグッズはホームセンターや100円ショップなどでも販売されていて、誰でも手軽に使えるので便利です。ただ、なかには一時的に効果があっても、しばらくすると再び鳥が寄ってきてしまったということもあるようです。なぜそのようなことが起こるのか、理由をみていきましょう。

磁石や超音波の鳥よけは科学的根拠が乏しい

鳥よけ磁石などのグッズには効果が続かないものもある

ハトなどの渡り鳥がはるか遠くからでも巣へ戻ってくるのは、地球の磁場を知覚する能力をもっているからだといわれています。その性質を利用し、強力な磁石を設置しておくことで鳥の方向感覚を狂わせ、寄りつかないようにさせるというのが鳥よけ磁石の仕組みです。

ただ、鳥が磁場を感じて飛んでいるという説は現在のところ有力ではあるものの、実際にはそのメカニズムが完全に解明されているわけではありません。まして磁石を置いておくことで、鳥がそこにこなくなるという科学的根拠はあいまいです。多少おどろかせることはできるかもしれませんが、確実に効果があると言い切れないでしょう。

超音波を使った鳥よけグッズも、鳥が超低周波音を頼りに巣に戻ってくるという説からきていますが、これも立証はされていません。なぜなら鳥類の聴覚は人間よりも狭く、人間に聞こえない音は鳥にも聞こえていないといった説もあるのです。

おどろかせる鳥よけに鳥は慣れる

CDや目玉模様の風船を設置しておくというのも、よくある鳥よけ対策です。これらは鳥を視覚的におどろかせることで近寄らせなくするものですが、鳥は比較的すぐにこれらの存在に慣れてしまいます。

多くの鳥にとって天敵であるタカやヘビなどの置物を設置しておくといった対策も、同様です。それが本物ではないと鳥が気づけば、効果はまったくなくなってしまいます。こういった対策は一時的なもので、長続きはしないと考えたほうがよいでしょう。

忌避剤は散布し続ける必要がある

忌避剤を散布、設置しておくタイプのグッズもあります。鳥の嫌がる匂いなどを使う単純なアプローチであるため、一定の効果が期待できるでしょう。

ただ、忌避剤は効力に期限があるものがほとんどです。また、鳥対策用の忌避剤には基本的に、鳥を駆除する成分は含まれていません。鳥獣保護管理法によって、野生の鳥類を許可なく駆除することは禁止されているからです。

そのため忌避剤の効力が切れれば追加の散布や交換をする必要があり、根本的に環境が変わらない限りそれを続けていかなければなりません。その手間やコストをデメリットと感じないのであれば、忌避剤を使ってみるのもよいでしょう。

効果的な鳥よけグッズと使い方のポイント

鳥よけとして比較的効果が高いのは、物理的に鳥の侵入を遮断するタイプでしょう。ただ、効果の高いグッズでも適切に使用しなければ、効果が半減してしまうこともあります。十分に効果を得るためには、選び方や使い方を知っておくことが大切です。

鳥よけネット

効果的な鳥よけグッズと使い方のポイント

鳥が飛んでくる場所をネットで覆ってしまうという方法は、鳥の侵入を防ぐもっとも確実な対策だといえるでしょう。ベランダなどに設置すると景観が悪くなってしまうという難点もありますが、最近では目立ちにくい透明のものも販売されています。

鳥よけネットの網目にはいろいろなサイズのものがあります。よく飛んでくる鳥の大きさを考慮して、その鳥がすり抜けられないサイズのネットを選びましょう。

設置する際には、端やつなぎ目に隙間ができないようにします。隙間があると、そこから鳥が侵入してしまいます。また、ベランダに設置する際には設置に使う道具などを落とさないよう注意し、ネット自体も落下しないよう確実に固定しましょう。

もちろん、作業をする人も転落しないよう細心の注意が必要です。高層階のベランダなどの場合、安全を第一に考えるとプロに依頼したほうがよいでしょう。

鳥よけシート

剣山のようなトゲのついたシートを張り巡らせることで、鳥が止まる場所をなくす対策方法です。鳥よけシートにはおもに樹脂製とステンレス性があり、樹脂製のほうが安価ですが、耐久性はステンレス製のほうが高い傾向にあります。

いろいろなタイプがありますが、基本的にはトゲが長く、密度が高いものほど鳥よけの効果が高いと考えてよいでしょう。また、トゲの硬さが柔らかすぎると耐久性や鳥よけの効果が低くなります。

設置する際には、できるだけ隙間なく並べることが大切です。鳥が止まれる隙間があれば、対策の効果がなくなってしまいます。しかしあまり大量に設置するのも現実的ではないので、鳥が止まりやすい場所をみきわめる必要があります。

また、屋根の上など高所での取り付け作業は転落の危険もあります。施工や効果に不安があれば、プロに任せるのが確実でしょう。

鳥害対策は業者に依頼して解決しよう

自分でできる鳥よけの対策はいくつかありますが、同じ方法でも業者に依頼して施工してもらったほうが、より確実です。また、被害の程度によっては自分ではなかなか手に負えないということもあります。業者のメリットや費用についてみてみましょう。

業者に頼んだほうがよいのはこんなとき

鳥害対策は業者に依頼して解決しよう

鳥の被害には、いくつかの段階があります。どのような段階にあるのかを確認することで、自分で解決できるかどうかを判断できるのです。以下のような兆候がみられるときは、業者に頼んだほうがよい段階と考えられます。

  • ・フンや羽が大量に落ちている
  • ・屋根の上にたくさんの鳥がいる
  • ・長時間鳥がいる
  • ・巣がある

このような場合、すでに家の周りに鳥が住み着いているおそれがあります。鳥には帰巣本能といって住み着いた場所に強く執着する性質がありますので、この段階で鳥を追い出すのは容易ではありません。

また、鳥獣保護管理法では卵やヒナがいる巣を許可なく撤去することは禁止されています。自分では対処することができませんので、巣を作られてしまった場合は業者に依頼をしましょう。

業者に頼むメリット

鳥害対策の業者に依頼するもっとも大きなメリットは、施工が確実であることです。鳥についての知識や鳥害対策の経験が豊富な業者は、被害状況などから適切な対策法をみきわめ、抜かりなく施工することができるでしょう。また、高所などの危険な箇所でも、業者なら対策をしてもらうことができます。

業者によっては、施工に対して保証を用意していることもあります。施工後に再び鳥害が発生してしまった場合には、無償で再施工をしてくれることがあるので安心です。定期的な調査やメンテナンスに対応しているところもあります。

また、フンや巣、死骸などの掃除や消毒も対応してくれるところもあります。鳥に関する困りごとをまとめて引き受けてくれるのが、鳥害対策の業者なのです。

費用の相場

業者に鳥害対策の施工や駆除をしてもらう料金は1箇所につき約5,000円~1万円で計算されることが多く、施工する範囲や場所、被害の程度によって全体の費用が変動します。マンションのベランダなどなら2万円程度で済むこともあれば、戸建て住宅の屋根全体を施工するとなると、10万円を超えることもあるでしょう。

設定されている料金は業者によってさまざまですが、料金表などをみているだけでは実際にかかる費用はなかなか判断できません。一度業者に現場を見てもらって、見積りを出してもらうことをおすすめします。

業者選びのポイント

鳥害対策や駆除に対応している業者はたくさんありますので、選ぶのも大変です。そこで、よい業者を見抜くためのチェックポイントをご紹介します。業者を探す際に活用してみてください。

料金設定が明瞭か
どのような作業にいくらの費用がかかるのかを、料金表などで開示している業者は信頼できます。あらかじめ詳細に料金を設定している業者は、作業をはじめてから不明瞭な追加費用が発生するといったことが少ないはずです。

施工実績が豊富か
業者のWEBサイトなどに過去の施工実績が公開されていれば、施工内容や料金をチェックしておきましょう。どのような技術をもっているのかを確認できますし、実際の料金がどれくらいなのかをイメージできます。

保証やアフターフォローがあるか
鳥は対策をしてもまた戻ってくるおそれがありますので、業者であっても一度施工したから絶対に安心とはいい切れません。もしも被害が再発してしまった場合に無償で再施工してくれる保証や、定期的な調査やメンテナンスといったアフターフォローを用意している業者は、責任をもった信頼できる業者だといえます。

入念な事前調査があるか
鳥害対策の費用は現場の状況によって変わりますので、見積りを作成するために事前調査をするのが一般的です。調査の際には屋根やひさしの上など、普段はあまり見えないような場所まで入念に確認します。

もしも鳥の被害を見逃していた箇所があれば対策が不十分になったり、後から追加費用が発生したりといったことになるのです。見積りの際には調査の様子をよく確認し、信頼できるかどうかみきわめましょう。

業者を選ぶのが面倒だという場合には、弊社にご相談ください。弊社では、鳥害対策に対応している業者を無料でご紹介しています。見積りは無料ですし、ほかの業者と比較していただくのも大歓迎です。24時間365日ご相談を受け付けていますので、ぜひお気軽にお電話ください。

鳩の被害のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談

現在、
すぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問