鳩は集合住宅を好みます|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩は集合住宅を好みます

最新情報・レポート

鳩は集合住宅を好みます

今鳩による被害が多く寄せられています。窓を開けると糞の匂いがひどく、不衛生なので閉めたままにせざるおえない方や、見た目が気持ち悪いと単純に嫌いだという方も沢山らっしゃいます。テレビのニュースなどでカラスがエサをあさる行為が問題とされていますが、実はそのカラスの被害よりもベランダやバルコニーでおこる鳩の被害の方がより身近で厄介な被害なのです。テレビでカラスがよく取り上げられるのは、個人のベランダの被害が分かりにくいからと推測されます。鳩が時々やってきて悪さをするぐらいでは、ここまで問題にはならないと思います。しかし、鳩は帰巣本能が非常に強いことが知られており、そのことは昔から伝書鳩だったり鳩レースなどでも証明されています。雛がいる場合はその場所への執着はさらに強くなり、少しぐらい対策したところで、鳩を遠ざけることは難しいでしょう。したがって、鳩害を放置しておくと後々大変なことになってしまいます。昔は、鳩が巣を作るのは崖や川原などが一般的でした。それが今では人間の住む集合住宅が鳩の安住の地となってしまっています。これは自然の環境より人間の集合住宅の方が、人間のおかげでカラスやネコなどの天敵に襲われる危険が少なかったり、エサが入手しやすくなっているなど鳩にとってのメリットが沢山あるからです。鳩に住みつかれてお困りの方は、鳩対策を鳩駆除業者に依頼されることをお勧めいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介