鳩の特徴|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩の特徴

最新情報・レポート

鳩の特徴

一口に鳩といっても、種類があり、特徴があります。鳩に関する知識を増やし、これからの鳩の対策や駆除に役立てていきましょう。また、今現在、鳩の被害に悩まされている方のお役にも立つかもしれません。鳩というのはハト目、ハト科に属する鳥類の総称だそうで、発達した胸周りが特徴的です。警戒心が弱く、首を振りながら歩いている姿を見かける機会が多いのではないでしょうか。日本において、鳩はなじみ深いもので、童謡やことわざにも登場し、お菓子にもなっています。街中でよく見かける鳩は、ドバト、カワラバトという呼ばれ方をする種類で、警戒心が他の種に比べさらに低く、一度住み着くと、その場所に執着し、何度でも戻ろうとするそうです。そして、どこでもお構いなしに糞をするので、建造物の汚損や、金属を腐食させることがあり、場合によっては、人が病気に罹ることもあります。対策としては、住み着いてしまう前に、その場所が住むにふさわしくないと認識させる必要があります。他にもキジバトという種類がいますが、この鳩はその特徴的な鳴き声が有名で、求愛行動や縄張り争いで、けたたましく鳴いているそうです。習性はドバトと同じだそうで、こちらも住み着かせないようにする必要があります。しかし、もう住み着いてしまった場合や電線などの鳩の対策ができないような場所に止まっていると、手が出しにくいかもしれません。市販の対策方法は、効果が弱い場合もあるそうなので、鳩の駆除、対策に困ったら業者に頼んでみてはいかがでしょうか。業者なら、自分で駆除の許可をもらう手間が省けると思いますよ。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介