鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩への対策を放置すると大変なことに

最新情報・レポート

鳩への対策を放置すると大変なことに

鳩は人間が与えた食べ物や道に落ちている食べ物を頼りにしています。住み着く場所も、ビルや都会の建築構造物を中心として生息しています。現在では家庭では飼われることがなくなったため、人間の生活に頼って生きていると言えるでしょう。鳩の害は鳴き声と糞によるものが多くなっています。朝早くから隣家の屋根の上で元気よくポッポーと鳴く声よりも多いのが、糞による被害です。鳩の糞は汚れにより美観を損ねます。ゴキブリやダニなどの害虫の発生源にもなります。またアレルギー物質や病原菌を媒介する可能性もあります。さらに糞に含まれる酸成分により金属を腐食させることもあります。まれにクリプトコックス症、サルモネラ菌などの重大な健康被害を引き起こすウィルスを媒介する可能性があります。鳩の糞は放置をすることで上記のようなリスクが増すことになります。鳩がマンションなどの高い場所のベランダに巣を作りやすいのは理由があります。卵を外敵から守り安全な場所に巣を作るためです。カラスや猫に卵を持っていかれないように、普段人が行かないような高い場所や室外機の物陰など比較的安全か環境で巣を作ろうとする習性があります。マンションのベランダへの鳩の飛来を予防するためには、ベランダの手すりに支柱を立てテグスなどの糸を張り巡らすことが有効です。また鳩専用の防鳥ワイヤーや忌避剤の塗布などの方法もあります。鳩の駆除でお悩みでしたら、当サイトより業者に相談するのがお勧めです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介