鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩の被害対策を知ろう

最新情報・レポート

鳩の被害対策を知ろう

公園や道端でよく見かける鳩。とてもかわいらしいですし餌を撒く人たちもよく見かけます。全国的に生息している鳩はキジバトです。かわいらしい鳩ですが、実は害をもたらしてしまう害鳥でもあるのです。鳩公害は様々ありますが、1番私たちの生活の中で困ってしまうのが「糞による被害」や「騒音被害」です。鳩は繁殖力も強く、至る所で糞をします。この鳩の糞ですが、いくつかの弊害があります。それは、悪臭、病原菌や寄生虫、ゴキブリなどの発生源、糞に含まれる成分で金属を腐食させてしまう、などです。こういった糞による被害は私たち人間やその他の動物の健康にまで影響してしまいます。また、ウイルスなどが糞から媒介してしまう可能性もあります。放置すればさらに弊害の危険性が高まります。そして、騒音被害も悩みどころです。マンションのベランダなどに鳩の糞を見かけたら巣がどこかにつくられていると思ってください。鳩は安全な場所に巣を作りたがります。ベランダは都合のいい巣のつくり場なのです。ですから、ベランダに鳩の巣をつくられないように日頃から鳩対策を行うようにしましょう。鳩はベランダの手すりなどにとまる習性があります。これは要注意なのでとまらせないようにするための対策をしましょう。例えば、防鳥ワイヤーや忌避剤を塗布するなどです。1番効果的なのはテグスという網やネットを張ることです。こうすれば鳩がとまりにくい、ベランダに降り立てなく対策としてはとても有効です。鳩の習性や特徴を理解して鳩公害に悩まされない環境をつくりましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介