鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 【鳩対策グッズ3つ】ベランダのフンを掃除する方法!カビキラーなど

最新情報・レポート

【鳩対策グッズ3つ】ベランダのフンを掃除する方法!カビキラーなど

鳩対策をおこなうときは、鳩よけアイテムの使用とともに、ベランダに落ちているフンの掃除もしてみましょう。鳩のフンを放置すると、掃除をする人がいないことから外敵が少ない場所と鳩から認識されやすくなるので、ベランダに巣をつくられるおそれがあるためです。

より鳩を寄せ付けない環境にするには、鳩よけアイテムとあわせて、ベランダを清潔にしておくことも重要なポイントとなります。

そこで当記事では、鳩の対策に効果のあるアイテムや、ベランダのフンをキレイにする掃除方法についてお教えいたします。鳩の被害を防ぎたいというかたは、ぜひ参考にしてみてください。

巣をつくられたら大変!市販のアイテムを使って予防しよう

鳩がベランダに来るようになったら、どのような被害が発生するのでしょうか。鳩の被害は、羽やフン害による生活環境へのダメージだけではありません。鳩のフンや羽には、さまざまな菌やダニなどが潜んでいます。そのため、フンや羽によって人体に悪い影響がでることもあるのです。

鳩が来るせいで、安心してベランダに洗濯ものが干せなくなってしまうこともあります。巣をつくられてしまったら、もう自分ではどうすることもできません。その際は業者にたよることとなるでしょう。そうなってしまう前に、鳩対策をおこなうことがおすすめです。

【1】ワイヤー

【鳩対策グッズ3つ】ベランダのフンを掃除する方法!カビキラーなど

ワイヤーの使用は、「鳩がたまに来るようになった」など、比較的軽度な鳩トラブルの場合にとても効果が期待できます。手すりから数センチ浮かせてワイヤーを張ることで、鳩が止まるのを防ぎます。

鳩は気に入った場所に戻ってくる習性がありますが、たまに来る程度であれば、まだ大きな問題ではありません。しかし、放置すると大きなトラブルにつながるおそれがありますので、この時点で防ぎましょう。

【2】忌避剤

忌避剤と聞くと、虫やねずみに使用するイメージが強いかもしれませんが、鳩用のものもあります。百円均一ショップで購入できる場合もありますが、ネット通販でも千円から2千円程度で入手が可能です。お手に取る際は、納得のいく商品をお使いください。

使いかたはとても簡単です。スプレータイプの忌避剤であれば、予防したい箇所に吹きかけておくだけとなっており、置き型タイプであれば置いておくだけで効果が期待できます。ただ、鳩が忌避剤のにおいに慣れてくると効果が薄れることがありますので、ワイヤーなどほかのアイテムといっしょに使用することがおすすめです。

【3】防鳥ネット

防鳥ネットは、鳩対策アイテムのなかでもっとも効果が期待できるものです。ネットを張ることで鳩の侵入を防ぐことができます。ネットと壁に隙間があると、そこから侵入されるおそれがありますのでしっかり設置しましょう。

しかし集合住宅の場合、防鳥ネットは景観を損ねるとされ、使用することができないことがあります。防鳥ネットは、物件のオーナーや管理会社に確認を取ってから使用してください。

それでも鳩が追い払えないことがある……

さまざまなアイテムを用いても、鳩がしつこくやってくる場合があります。その際は、「鳩対策業者」のちからを借りてみてはいかがでしょうか。鳩対策業者は、現地におもむき、お客様のお悩みを聞き、プロの目線で鳩の対策をおこないます。

弊社では、お客様にあった鳩対策業者を厳選してご紹介するサービスをおこなっております。鳩トラブルの現状をとらえた写真などがありましたら、弊社の無料相談窓口にて送っていただくことが可能です。

ベランダを清潔にするフンの掃除方法

ベランダに鳩のフンがあったときは、早めの掃除がおすすめです。フンを放置すると鳩が寄り付きやすくなるため、トラブルが悪化してしまうおそれがあるのです。フンによる健康被害を防ぎ、ベランダを清潔にする掃除による鳩対策を試してみてはいかがでしょうか。

鳩のフンの掃除に使う道具
鳩のフンには病原菌などが含まれている危険性があるため、掃除をする際にはさまざまな道具が必要となります。そこで、使用するアイテムを以下にてご紹介いたします。

  • ・マスク
  • ・ゴミ袋
  • ・デッキブラシ
  • ・水の入ったバケツ
  • ・キッチンペーパー
  • ・使い捨てのビニール手袋
  • ・漂白剤

漂白剤やカビキラーがない場合は、カビ取り剤や消毒用のエタノールでも代用できます。そして、掃除の際にはフンに直接触れないようにしてください。使い捨てでない掃除用のゴム手袋などもありますが、清潔さを保つには使い捨てのビニール手袋のほうがおすすめです。

掃除の手順
マスクとビニール手袋を着用してから、掃除に取りかかりましょう。鳩のフンに漂白剤を吹きかけ、キッチンペーパーでぬぐえるようになるまで、ふやけるのを待ちます。フンをキッチンペーパーで拭き取り、濡らしたデッキブラシでこすります。バケツに入っている水を使って洗い流しましょう。

そして、フンがあった場所に再び漂白剤を吹きかけ、10分程度放置します。漂白剤を拭き取ったら掃除は終了です。掃除の間に使用したキッチンペーパーやマスク、ビニール手袋はゴミ袋に入れ、しっかりと口をしばってください。

また、デッキブラシにフンが付着しているおそれがあります。水でキレイに洗い、消毒をおこなってください。

鳩が狙うベランダの特徴

鳩が狙うベランダの特徴

鳩は安全な場所を求めて、各ご家庭のベランダに訪れていることが多いです。そして鳩は気に入った場所を見つけると、そこに巣をつくりはじめます。鳩は外敵から身を隠せるように、多くのものが置かれているベランダを好みます。

引越しの際に使った段ボールをベランダに置いていたら、壁と段ボールの隙間に巣をつくられたというケースもあるそうです。鳩は室外機の裏側も好む傾向にあるため、ベランダにものを置いていないご家庭でも油断はできません。

身を隠せるものが多く置いてあり、なおかつ鳩のフンがそのままになっているベランダは、鳩に好まれる傾向にあるためご注意ください。

鳩には手が出せない!鳥獣保護法とは

鳩は、「鳥獣保護法」で守られているということを、みなさんはご存知でしたでしょうか。鳥獣保護法で守られている限り、鳩に危害を加えることはできません。ベランダで鳩が産卵したとしても、その卵を処分することはできないのです。

自分でおこなった鳩防策では効果が薄くて、鳩に対してどうするとよいのかわからない人は、業者に相談してみることがおすすめです。業者では効果的な鳩対策に加え、フンの掃除なども依頼することが可能です。

鳩対策のプロに依頼することで、自分で施工する手間を省くことができ、より安心して生活できる環境を得ることができるでしょう。

鳩対策を業者に依頼するときのポイント

鳩対策業者を選ぶ際、どこに依頼してよいかわからない人も多いかもしれません。また、業者に依頼して使用してもらった忌避剤が、家屋にダメージを残してしまったなどのトラブルも発生しているため、業者選びはしっかりおこなうことがおすすめです。

業者を探す際のポイント

業者を探す際のポイント

鳩対策は、施工をしたら終わりではありません。施工のあと、鳩が来なくなりトラブルが解消されなくてはなりません。そこで必要となるサービスが「保証」や「アフターフォロー」です。

依頼する前に、保証・アフターフォローの有無と、どのような内容になっているのかを確認してください。数年間保証してくれたり、効果が実感できなかったときは無料で再施工をおこなってくれたりなどのサービスであるとよりよいでしょう。

そして、業者を探す際には実績も調べておくことがおすすめです。今までどのような鳩対策をおこない、結果を残してきたのかを確認してみてください。ホームページ上にて、お客様からどんな依頼を受け、どのように解決したのか記載されていることがあります。自分と似たような事例はないか探してみてください。

依頼する業者を絞り込んだら、どのような対処をおこなってもらえるのかを聞いてみましょう。忌避剤のなかでも、毒性のあるものの使用は禁止されています。

毒性のある忌避剤を使用されてしまったら、ベランダに鳩の死骸が落ちているといったトラブルに発展するおそれがあります。どういった道具を使い、どう対策をしてくれるのか、施工を依頼する前に確認してください。

自分で鳩対策業者を見つけ、依頼することに不安を感じる人もいることでしょう。弊社ではお客様にかわって業者を厳選し、ご案内いたしております。現場の状況やエリアによっては、無料で現地調査を依頼できる場合もありますので、興味のあるかたはぜひご利用ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

鳩の被害のことなら何でもご相談ください! メールで無料相談

現在、
すぐに駆けつけます。

利用規約プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問