鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩対策の定番

最新情報・レポート

鳩対策の定番

鳩対策の定番に、ワイヤーがあります。これは鳩が止まる手すりの上や、侵入される恐れのある隙間などに張られるものです。 特に手すりの上に設置するのは、あちこちのビルなどで行われているのを、一度は見たことがあると思います。 ワイヤーの利点は、見た目がネットや剣山ほど仰々しくないという事が挙げられます。 ネットや剣山だと、いかにも鳩の対策をしていますということが分かりやすいのですが、見た目の面で悪いというデメリットもあります。特に景観を重視する、デザイン性の高いビルや地区では使いづらいものです。 一方のワイヤーは、細いワイヤーを数本渡すだけですから、見た目が先の2つよりも派手ではありません。効果としてはいずれも、鳩を侵入させない、止まらせないという点で共通していますから、費用や景観を重視するかという点で比較検討されると良いでしょう。 ただし、ワイヤーも剣山もネットも共通する注意点として、設置の際は一部分だけでなく、広い範囲に一斉に取り付ける必要があるということがあります。 例えば、手すりやベランダの限られた場所に取りつけるのではなく、全域に渡って取り付ける必要があるということです。一部だけだと、それらが設置されていない場所に鳩が移るだけです。 こういった対策は、一度にやろうとすると中々時間が取れず、中途半端に終ってしまう事が多いので、業者に頼んで一斉に行なうのが、効果を高めるコツです。 鳩対策に関するご相談は、ぜひとも当サイト、鳩110番にお寄せください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介