鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > ハトの子供

最新情報・レポート

ハトの子供

当サイトではハトの駆除に関するお問い合わせを多く頂いております。 お問い合わせ頂いた方の中には、「ハトの巣を撤去するのは、雛が巣立ってからで良いです。」という方もいらっしゃいます。しかし、多くの方が雛が孵った後の糞害や騒音に悩まされているため、卵を見つけた段階で撤去をご要望されます。 そこでまず、ハトの子供はどのようにして雛になり、成長して巣立っていくのかを見てみましょう。 ハトは1年中発情期だと言われており、決まった時期はありません。そのため、「春だけ注意しておけば良い」といったようなことが出来ず、常に注意が必要になります。 一度ハトが夫婦になると、一度に2個の卵を産みます。3日間でオス・メスそれぞれ1羽ずつ産むのです。 だいたい一週間ぐらいで孵化が始まり、その後はピジョンミルクと呼ばれる、ハトの喉から分泌される母乳のようなものを飲ませて育てます。通常他の鳥は、虫の生命活動が活発になる春から夏にかけて子育てをしますが、 ハトはピジョンミルクを飲ませることによって子育てが出来るため、1年中繁殖することが出来るのです。 一度ハトが卵を産むと、卵が巣立つまでに1ヶ月以上もかかります。 その間、騒音や糞害に悩まされ続けることとなりますので、早めの駆除が必要です。 当サイトでは24時間ハトの駆除に関するご相談を受け付けております。 お気軽にお問い合わせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介