鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩の子供は成長が早い?見かけないワケがある!知れば納得な雑学

最新情報・レポート

鳩の子供は成長が早い?見かけないワケがある!知れば納得な雑学

鳩の子供は成長が早い?見かけないにはワケがある!知れば納得な雑学

 

よく街で見かける鳩の中に子供の鳩はなぜいないのか?そもそも私たちが普段街で見かける鳩は大人なのか、子供なのか、それらを見分ける方法はあるのか?鳩が子供でいる期間はどれぐらいなのか、いわれてみれば知らなかった鳩の子どもについてのご紹介です。

 

また、もしも鳩の子供を家の敷地内で見つけたときにはどうすればよいのか。そして、場合によっては非常に深刻な事態になりえる鳩被害について、知っていると今後役立つ鳩に関する雑学も一緒にご紹介します。ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてみてください。

 

 

鳩の子供を見かけない理由は成長過程にあり!

鳩は外敵から自身の身を守れるようになれるぐらい大きくなるまでは、安全な巣の中で暮らし、成長していき巣立っていきます。そうして巣立っていく頃には、街で見かけた鳩は子供の鳩なのか親鳥なのか、ほとんど同じ大きさのため、判断することは難しいでしょう。

 

視覚だけでは鳩の子供か大人かの判断ができず、鳩の子供を見かけないのはなぜ?という疑問が生まれたのでしょう。その背景には、鳩の持つ子育ての特徴が隠れています。

 

鳩が雛でいる期間は本当に一瞬!

雌の鳩が産卵を終えると、初めの1週間は卵をあたため続けます。その後、雄と雌、交代で鳩の子供を育てていきます。また、鳩の雛(ひな)がかえってから巣立つまでの期間は約1か月前後といわれています。そのなかでも雛でいる時期は本当に一瞬であるようです。

 

鳩の雛を見たかったら、産卵のときを見るしかないのかもしれませんね。では、鳩の子どもが巣立つまでに成長するにあたって、子供はどのように両親から育てられているのでしょう。

 

栄養たっぷり!両親の愛情「鳩ミルク」で成長していく鳩の子供。

もちろん、最初から体が大きいわけではありません。鳩はどのように成長していくのでしょうか。それは鳩の子どもが両親より受ける食料に秘密があったのです。鳩は雛が巣立つまでの約1か月間「鳩ミルク」をあげ続けます。このミルクを飲むことで、子供の鳩は大きく成長します。

 

実は、鳩は雌だけでなく雄も「鳩ミルク」が出るために、いつでも両親のどちらかから「鳩ミルク」をもらうことができるのです。両親から受けられる「鳩ミルク」により、ほかの鳥の子供に比べて空腹状態も少なく、成長していくことが大きな特徴といえるでしょう。

 

また、この「鳩ミルク」は栄養価の高いミルクであるため、成長するスピードもほかの鳥と比べても、とても早いのです。こうして子育てを雄雌で協力しておこなうことで、鳩の子どもは成長スピードもとても速く、気付いたころには一人前になっているのです。

 

子供のうちはひたすら巣の中で引きこもり

鳩は子供を外敵から守るために、自力で生活ができるくらい大きくなるまでは、安全な巣の中で大切に育てます。体の小さな鳩の子供は、外に出ることがまずないのでしょう。

 

体が小さいと鳩の天敵でもある猫に襲われやすくなってしまいます。外敵から身を守れるぐらいの大きさになったら、鳩の子供は巣立っていきます。そのころには大きさも両親と同じぐらいの大きさになっているため、見た目から子供とは判断ができないのです。

 

家の敷地で鳩の子供がいたらどうしたらよい?

家の敷地で鳩の子供がいたらどうしたらよい?

 

ある日、自宅に帰ったら鳩の子供がいる……、なんてことがもしあったら、私たちはどうすればよいのでしょうか?結論からいえば、鳩に限らず野生の鳥や動物を勝手に保護したりしてはいけないのです。

 

これはきちんと法律で定められているため、勝手な判断で保護はせずに、行政機関への相談が賢明でしょう。もし、勝手に保護してしまうと法律違反になるおそれがありますので注意が必要です。

 

勝手な保護は法律違反になることもありえます!

もしも、巣の中から落ちてしまった鳩の雛がいたりしても、それを勝手に保護したりすることはできません。これはしっかりと「鳥獣保護法」という法律で定められているのです。

 

たとえあなたの優しさからとった行動だとしても、何の許可もなく保護をしてしまうと法律を破ったとみなされて、罰金を課せられる可能性があります。心苦しくはありますが、ときには何もしないで見守るということも、必要になるでしょう。

 

相談できる機関があるので、しかるべき機関で相談を

法律があるとはいえ、もしも巣の中から落ちてしまった鳩の雛が大けがをしていたら、簡単には放っておけないですよね。保護がどうしても必要な状況の場合は、行政の「野生鳥獣窓口」に相談してみるのが最善でしょう。しかるべき対応方法を教えてくれるはずです。

 

勝手な判断での保護は法律に触れてしまう可能性もありますので、十分に注意して正しい行動を起こすことが大切です。

 

ちょっと待って!鳩の子供がいたら疑いたいこと

もし、家の敷地内で鳩の子供がいたら、鳩の巣が作られている可能性が十分に考えられます。鳩は性格的に一度作った巣には何度も戻ってくる性格のため、巣が作られていたら、鳩被害の対策を考えることが必要になってくるでしょう。

 

鳩被害は私たちが考えているよりも、深刻なことになりえるおそれが十分にあります。では鳩はどんな場所に巣を作り、もし巣が作られていた場合どんなことがあるのでしょうか。

 

鳩にとっての住みやすい環境になっている?巣が作られているかも‥‥‥

鳩は大きくなるまでの成長期間を、巣の中で過ごします。そのため、巣を作る際に、「安全で安心して子育てができる場所」を、巣の場所として選ぶことが多いといわれています。

 

たとえば、高い場所にありほかの鳥や動物に襲われにくく、雨にも濡れないマンションのベランダの死角等が、巣を作る場所として環境がよいといわれています。そういった空いた空間があると、鳩が巣を作りやすい環境となりますので注意が必要でしょう。

 

そもそも鳩に巣を作られないためには、鳩が巣を作ることができないという環境であることがベストです。

 

鳩の巣があると何がある?どういうことが考えられるのか

鳩が住み着いているということは、鳩被害にもつながるため、早めの対策が必要となります。鳩被害にもさまざまな種類がありますが、深刻であると人的被害もあり健康被害へとつながってしまうこともあります。鳩の巣を発見したら、被害が深刻になる前に対策を。

 

対策をするのは、早ければ早いほどよいでしょう。鳩の被害には段階ごとに「被害レベル」があります。鳩の巣を発見したら絶対に放置しないで、次の対策について考えましょう。

 

鳩による深刻な被害は意外とあるんです

鳩被害には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。被害の多くは糞害、騒音、生ごみの食い荒らし等があげられます。中でも一番多くいわれる「糞害」は悪臭はもちろん、感染症の危険性もあります。健康被害を及ぼす可能性もありかなり深刻といえるでしょう。

 

また、建物へ糞をされることによって建物が劣化したりすることもあります。そのほかにも鳩の鳴き声による騒音等も、精神的に大きな苦痛になる可能性が高いでしょう。

 

鳩被害は早めの駆除対策が大切です

鳩被害は早めの駆除対策が大切です

 

もし、鳩の巣があれば、駆除対策が大切になるでしょう。最近では市鳩対策グッズ等もあるので、自分で対策することもできるでしょう。しかし、もちろん中には自分ではできない駆除対策もあります。そんな場合は業者に相談することを検討したほうがよいでしょう。

 

市販グッズを使った鳩対策には何があるのだろうか

業者に相談するのがよいとはいえ、もしかしたら業者がすぐには動けない場合もあるかもしれません。そんなとき個人で対策できることとしては、どのようなものがあるのでしょうか?市販されているグッズを活用すれば、個人で対策することも可能であるといえます。

 

市販の商品には、鳩が嫌がる成分や臭いを持った忌避剤(きひざい)や保護シート等があります。忌避剤は巣がすでにあっても効果があります。天然成分を使用しているため害がないものもありますが、強い臭いを放つものもあるので慎重に選んだほうがよいでしょう。

 

また、業者でも同じようなグッズを使用していることがあります。しかし、効果が一緒かと問われると、そこは素直に首を縦に振ることはできません。業者の場合は鳩が住み着いた場所の環境にあった配置方法や、業者しかわからない技術や知識を活用しています。

 

自分たちが個人でやる対策と、業者がおこなう対策、同じ効果はあまり期待しないほうがよいかもしれません。とはいえ、効果がないわけではないので、自分でやれることはやりたい、という方はぜひともトライしてみてください。初期被害なら十分効果的でしょう。

 

鳩駆除はプロにまかせるのがベスト!個人でやらないほうがいい理由

鳩はとても執着心の強い性格です。一度選んだ安全な巣の場所を、簡単には諦めないでしょう。一度作った巣には何度でも戻ってくる可能性が極めて高いです。巣を撤去できたとしても、糞が残っていると自分のにおいとわかり、そこに戻ってくることもあるのです。

 

また、先ほど野生の鳥や動物を勝手に保護すると法律違反になるという話があったように、巣の駆除も「鳥獣管理保護法」という法律があるため、個人で勝手に駆除することは禁止されています。鳩被害に困っているという方はプロにお願いするのが一番よいでしょう。

 

まとめ

街で見かける鳩に子供の鳩を見ることができないのはなぜ?鳩は雛でいる期間がとても短く、成長過程を巣の中で過ごすこと、鳩の子供は親鳥とほぼ同じ大きさになっていること、これらのことが、街で子供の鳩を見かけない主な原因です。いても判別が難しいのですね。

 

私たちが街で見かける鳩の中にも、おそらく子供の鳩がいたのでしょう。

 

また、鳩の巣による鳩被害もとても深刻です。巣を見つけたら行政窓口や業者に確認・相談し、早めの駆除を検討しましょう。間違っても独断で鳩の巣を駆除したり、鳩を保護したりしないようにしてください。思わぬ形で、法律違反となってしまうかもしれませんからね。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介