ハトは巣が残っている限り、他のハトが住み着いてしまうこともあるので、要注意です。|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > ハトは巣が残っている限り、他のハトが住み着いてしまうこともあるので、要注意です。

最新情報・レポート

ハトは巣が残っている限り、他のハトが住み着いてしまうこともあるので、要注意です。

ハトというと皆さんどのようなイメージを抱かれるでしょうか? 平和の象徴、町を飛んでいる姿、公園でエサに群がっている様子など、さまざまなシーンでのハトをイメージされる方が多いと思います。 しかし、町や公園を飛んでいるハトに悩まされている人もいます。外で見かけるだけの動物でしたら構いませんが、実際に家や、マンションで巣を作られると非常に困ります。人間が住んでいる場所ということは、ハトにとって外敵がいない環境であるということなので、非常に安全で暮らしやすい住処であると言えます。 しかし、ハトの糞の始末や巣の巣立った後の片付けなどはハトではなく、その家の住民が行わなくてはなりません。また、ハトには帰巣本能があるので、巣が残っている限り、同じ巣に戻ってくる可能性が非常に高いのです。また、巣に住んでいるハトがいないと分かると、別のハトが勝手に巣に住み着いてしまうこともありそうです。そのため、ハトの巣が残っている限り、そこに住んでいたハトがいなくなって、やっと静かになった、と肩をなで下ろしても、すぐ他のハトが住み着いてしまって、またはじめからやり直し、ということも少なくありません。 このようなことにならないように、ハトの駆除をする際には、ハトだけでなく、巣もしっかりと処理をすることが大切です。しかし、ハトの駆除は一筋縄ではいかないことが多いので、ハト駆除の専門業者に依頼することをおすすめいたします。 ハト駆除の専門業者をお探しの際は、ぜひ当サイトの鳩110番をご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介