鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 人が住む場所はハトの安住地

最新情報・レポート

人が住む場所はハトの安住地

公園に行けば必ずといって良いほど「ハト」に出会います。ハトのエサは、基本的には昆虫類、木の実、トウモロコシやムギなどの穀物類なのですが、都市に棲みつくハトは、人間が与えるお菓子や残飯なども食べるようになっているのが実情のようです。ある調査によると、ハトのエサの実に約7割が人間の食べ物であった、との結果が出ているようですので、今日ハトがこれまで繁殖している原因には、人間も一枚噛んでいるとも言えます。もう一つ、ハトが多い理由はその繁殖力です。ハトは生まれて半年もすれば繁殖期に入り、1日に数回の交尾をして、1回に2個ほどの卵を産みます。他の鳥とは違い夏以外は常に発情しているようで、これによって年間に7~8回も産む場合もあるようです。これらがすべて大人になってまた繁殖することを考えると、物凄い繁殖力になります。ところでハトの天敵は「カラス」なのですが、カラスは人が住むマンションなどを嫌います。それに対しハトは人をあまり恐れないので、いつしかマンションなどがハトの安住の地となってしまっているようです。近年、ハトの被害がマンションなどで多いのはこれが原因の一つと考えられています。ハトの糞害は大きな健康被害にも成り得ますので、増えすぎるハトは駆除しなければなりません。ハトの駆除をお考えでしたら是非本サイトからご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介