植物による鳩対策|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 植物による鳩対策

最新情報・レポート

植物による鳩対策

鳩は街の至る所で見かけることができます。人々の生活に寄り添って生息している鳩は、住宅に巣を設けることも珍しくありません。
鳩がお家に来ないようにするには、鳩が苦手な植物を植えることが有効だと言われています。鳩は嗅覚が発達しており、においに敏感であることが理由のようです。
鳩が嫌がる植物には、見た目がきれいなものもあります。鳩対策はしたいけど景観も守りたいという方にはぴったりの対策といえます。このページでは、鳩対策に有効な植物をご紹介いたします。植物の植えられない方に向けての対策も紹介していますので、参考にしていただければと思います。



きれいな薔薇には棘がある

鳩の嗅覚


鳩は渡り鳥ではなくスズメやカラスと同じ留鳥に分類されます。そのため季節による移動はせずに、一年を通して一定の地域に住み着きます。何らかのケースで住処から離れてしまった場合、数百キロ離れていたとしても巣に戻ってくると言われているほど帰巣本能が強いです。
では何故元の巣へ戻って来られるのでしょうか。専門家の一説によれば、場所をにおいで記憶しているのではないかと言われています。においは風にのって絶えず移動しています。鳩はこのにおいの向きで巣の方向を察知しているようです。
また、鳩は餌よりも水を重視する傾向にあるので水場に住むことを好みます。水場を探す際も、水のにおいをかぎ分けて察知しているのではないかと言われています。
このことから、鳩が住処を探す際は嗅覚を頼りにしていることが分かります。つまり、鳩を近づけさせたくなければ鳩の嫌がるにおいを用意することがとても効果的なのです。


鳩が嫌がる植物


鳩はハーブや柑橘類などの強い香りが苦手なようです。鳩対策にガーデニングを始めるのもいいかもしれません。それでは、鳩が苦手な植物はどんなものがあるのでしょうか。

・バラ(ローズ)
バラにはトゲがありますので、鳩は体が傷つくのを防ぐためにバラを避けると言われています。そのため、バラの香りがする場所へは近づかないようです。バラは種類が多く、育てやすい品種もたくさんあるようです。バラのトゲは人体にも危険ですので作業をする際には皮手袋を使いましょう。

・ローズゼラニウム
ゼラニウムは香りが特徴の植物ですが、ローズゼラニウムという種は香りがバラに似ているようです。ローズゼラニウムにはトゲはありませんが、鳩はバラのような香りから本能的に危険を察知し、近寄らなくなるそうです。ゼラニウムは大変丈夫で、挿し木で簡単に増やすことができます。花も可愛いピンク色をしており大変綺麗ですので鳩対策によく使われているようです。

・ミント(メントール)
一般的に動物はミントの香りを毒性だと勘違いしてしまうようで、鳩も例外ではないみたいです。ミントは日当たりがよく風通しの良い場所を好みます。鳩が巣を作りやすいベランダなどは、絶好の環境ですね。
ミントを植える際には注意点が一つだけあります。混植を絶対にしないようにしましょう。ミントは繁殖力がとても強いため、他の植物を枯らしてしまうようです。鳩対策のためにはたくさん植物を植えたいところですが、ミントを育てる場合は注意しましょう。

・柑橘類
柑橘類も一般的に動物や昆虫は嫌う傾向にあるようです。柑橘類の果皮には「リモネン」と呼ばれる揮発物質が含まれております。「リモネン」には溶解作用や揮発性、引火性があり、動物や昆虫が危険を感じるのはそのためと言われています。
柑橘類の中で育てやすいのは、オレンジ・スイート、オレンジビター、カボスです。庭木として育てるのもよいですし、鉢植えを使えばコンパクトに成長するのでベランダでも育てることができます。


植物を植えることができない場合


マンションやアパートの賃貸住宅の場合、環境によっては植物を植えることができないこともあるでしょう。その場合は植物由来の飛来防止用忌避剤を使いましょう。飛来防止用忌避剤には様々なタイプがありますので、用途に合わせて選びましょう。

・スプレータイプ
スプレータイプの忌避剤は手軽に扱えるのが特徴です。鳩が集まりやすいところへ集中的に使うと効果が大きいです。ただし、効果は短いので注意してください。植物由来の忌避剤であれば人間には害がありません。安心して使いましょう。

・固形タイプ
固形タイプの忌避剤は主に設置して使用します。効果範囲は広くないので、複数設置して有効範囲を広げるとより効果的でしょう。固形タイプは水に弱いものが多いですので、雨などに気を付けましょう。

・ジェルタイプ
ジェルタイプの忌避剤は鳩が止まる室外機や手すりなどの場所へ塗りこみましょう。鳩はベタベタしたものを嫌います。ジェルタイプはそれを利用し、鳩の体に直接忌避剤を付けて不快感を与えることを目的とします。さらに鳩が苦手な味や香りもついているため、鳩はジェルのある場所には近づかないようになる効果があるようです。


植物が効かない場合

帰巣本能の高い鳩
上記の植物や忌避剤が効かない場合もあるようです。鳩は一度良い場所を見つけるとその場所に強い執着心を持つようになります。巣や卵があったり、常に複数羽集まっていたり、糞の量が多い場合はその場所を気に入っていることが多く、植物や忌避剤で鳩を退治する事は難しくなり、ネットなどの対策アイテムを使う対策が必要になります。
鳩がどれほど執着しているかわからない場合は自分一人で悩まずに、鳩駆除のプロに相談や質問をしてみましょう。詳細な状況を伝えれば回答が得られるかもしれません。


まとめ


鳩は留鳥に属し、帰巣本能がとても強いので追い払ってもまた戻ってくる可能性が高いです。鳩をお住まいに寄らせないようにするには、鳩がその場所を気に入ってしまう前に追い出すようにすることが効果的です。
そのためには、鳩が寄りやすいベランダや庭木に鳩が苦手とする植物や忌避剤を置くとよいでしょう。鳩がその場所を気に入ってしまい、植物や忌避剤ではどうしようもなくなったら、鳴き声による騒音や臭いなどの被害が起こる前に、鳩駆除のプロへ依頼しましょう。適切な方法で鳩トラブルを解決してくれるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介