最新情報・レポート

太陽光パネルの鳩対策について

太陽のエネルギーで電気を生み出す太陽光発電も随分普及が進みました。企業ビルだけではなく、病院などの施設や建物、一般家庭でも太陽光パネルが設置されているのをよく見かけるようになりましたよね。
実は太陽光パネルも鳩被害に遭っているというのをご存知でしたか?太陽光パネルと屋根の間に入り込まれて巣を作られたり、住み着かれたりするなどの被害は年々増加しているそうです。深刻なものだと故障してしまうケースもあります。
今回は近年増えてきた太陽光パネルと鳩の被害状況、対策について見ていきたいと思います。




鳩

太陽光パネルの鳩被害


マンションの屋上や住宅の屋根に取り付けられた、太陽光パネルに住み着いたハトがもたらす被害として考えられるのが、糞害によるパネルの損傷などではないでしょうか。
太陽光パネルに鳩が住み着くと、その場所が鳩の生活空間となるので、繁殖や排便を繰り返すことになります。
鳩の糞は強い酸性であるため太陽光パネルが傷んでしまい、発電効率を低下させる可能性があり、鳩の糞がパネルを汚している事例もあります。
鳩はスズメやカラスなどの鳥の中でも、繁殖力が高い鳥として危険視されています。
春の繁殖期以外でも発情し、ほぼ一年中繁殖を繰り返しますので注意が必要です。
大量に増殖した鳩が太陽光パネルで糞をすることにより、その被害は増大する可能性がありますので対策が必要です。
発電は人々の生活において重要な要素なので、太陽光パネルの故障も防がなくてはなりません。
鳩は習性上太陽光パネルと屋根の隙間に巣を作る傾向があり、屋根の雨樋が機能しなくなることも考えられます。
太陽光パネル付近に巣を作ることにより、パネルの損傷だけではなく様々な被害に発展スル可能性があるため、甘く見てはいけないのです。

太陽光パネルが鳩被害に遭わないために


太陽光パネルを鳩の被害から守るためには、なにかしらの対策が必要不可欠でしょう。
繁殖を繰り返す鳩は太陽光パネルだけではなく、騒音や病原菌被害ももたらす可能性があるため、なおさら そのまま放置していても被害は広がるだけなので、ここではご自分でも可能な対策方法をご紹介します。

▼防鳥ネット
鳩はもちろんその他の鳥の侵入を防ぐことができる可能性があります。物理的に侵入を防ぐことができるのは、非常に有効な手段となり、侵入を防ぐことで鳩が住み着くことを防ぐ効果が期待できます。
施工の際には、太陽光パネルと屋根の隙間を塞ぐ必要があるので、施工に若干技術が必要かもしれません。

▼忌避剤
スプレータイプや固形タイプ、ジェルタイプなど状況に応じて使い分けることができ、使用が簡単なのがメリットではないでしょうか。
鳩が嫌いな臭いを噴射し、鳩をその場所から退避させることができます。しかしながら臭いが強烈なため、ベランダなどに付着すると近隣への迷惑になる可能性があります。
固形タイプのものは、水に濡れると溶けてしまうものが多いので、外で使うときはあまり有効ではないかもしれません。
使用するには、ジェルタイプのものが最も有効とされていて、効果が1年ほど続き、鳩に、ここは嫌な場所だと覚えさせることができるので、忌避退剤としてはデメリットが比較的少ないジェルタイプの使用をおすすめします。

▼電気ショック
鳩が飛来する屋根に設置するのが主な使い方で、鳩が触れたら電気が流れるといったものです。
集団で行動することが多い鳩は、一羽が危険を察知すれば他の鳩もその場から離れる傾向があるので、一網打尽にする対策として有効です。
鳩の学習能力の高さを生かして、1、2回程度で危険な場所と認識されることができるので、高い退避効果が期待できます。
電気だから人も危ないのでは、とお考えの方もいると思いますが、電気ショックで使用される電流は、鳩にケガをさせるほどではなく驚かせる程度のものが多いです。
人間やペット、小さなお子様が誤って触れても危害がないので、意外にも安全性があります。
施工には高所作業を伴うため、むしろ施工の方が危険かもしれません。

鳩の防除で気をつけること


鳩対策として有効な防取りネットは、施工には屋根の上に登ることになります。
高所での作業は危険を伴い、命に関わる事故に繋がる可能性がありますので、十分注意が必要です。
施工の際は、施工が困難な天候を避ける必要があり、強風の日などはバランスを崩しやすいので施工に適した天候とはいえません。
鳩は、習性上安全な場所に巣を作る傾向があり、特に太陽光パネルとネットの間は外敵から身を守るために安全な場所として好まれやすいです。
膨張ネットは、太陽光パネルと屋根の間にしっかり貼らないと効果がないため、施工にも多少技術が必要になるという点も頭に入れておきましょう。
それなら直接屋根に登って駆除すればいいのでは?とお考えの方もいるのではないでしょうか。
ご自分で鳩の巣や卵を直接撤去しようとお考えの方は、必ず注意してください。
鳩は鳥獣保護法で守られているため、無許可で駆除することはもちろん、捕獲することも禁じられていますので、許可を得た専門業者に相談するのが一番です。
鳩の親だけではなく、巣や卵、ヒナにも適用されている法律なので、注意しましょう。

トラブルになる前にプロにまかせよう


鳥獣保護法に触れて罪になってしまったり、対策のために高所から落下して大惨事にならないためにも、ご自分だけでの作業は避けるべきです。
仮に一度成功したとしても、強い帰巣本能をもつ鳩は、しばらくしたら再び戻ってくるかもしれません。
鳩の駆除も無許可ではできない、卵も手は出せないと八方塞がりでお困りの方も多いのではないでしょうか。
防鳥ネットも使用していくうちに劣化し、破られることがあるかもしれませんので、継続的に対策が必要になります。
施工だけではなく、汚れた太陽光パネルの清掃もしなければ問題の解決にはなりません。
そのままにしておいても太陽光パネルの不具合を招くことになりかねませんので、結局全ての作業をこなすのは難しいのではないでしょうか。
根気の必要な作業になった場合、ご自分だけでの対処は困難になりがちですので、鳩駆除プロに相談しましょう。
安全な作業はもちろん、各種施工の無料見積りや対策の施工プラン、施工後のソーラーパネルの清掃までこなしてくれるメリットがあるため、鳩被害にお困りの方は鳩駆除のプロに助けを借りることをおすすめします。

羽ばたく鳩

まとめ


太陽光に住み着いた鳩は、フンによるパネルの故障原因だけでなく、人の健康にも被害を及します。ご自分でできる対策は、高所での作業が必要になり危険を伴うので、簡単にできるハト対策ではないかもしれません。
忌避剤を用いて一度退避させたとしても、帰巣本能の強い鳩は、住みやすいと感じた場所に戻ってくる可能性があるので、問題を完全に解決するのは困難とされています。
作業の安全性、問題の根本的な解決を考慮しても、お客様だけで対策するよりも、鳩駆除のプロに頼るのが何よりの鳩対策となるでしょう。
ご依頼の際は、ご自宅の鳩の被害状況などを写真で撮ると、鳩駆除のプロに具体的に被害が伝わるので有効かもしれません。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-108
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼