鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 実は効果が薄い対策

最新情報・レポート

実は効果が薄い対策

鳩が住み着くと、鳴き声による騒音被害や同じ箇所に大量の糞フンをします。また、鳩は帰巣本能や縄張り意識が非常に強いため、一度巣を作った場所には執着する習性があるのです。鳩が住み着かないようにするためには、鳩が寄り付かない環境を作ることですが、一般に知られている鳩対策の中には交換が薄いものもあるのです。例えば、ヘビやカラス、猫といった天敵の、置物などを置いておくと、怖がって寄り付かなくなると言われていますが、そこにいるだけで、なにもしてこないとわかると、安全と認識することがあるのです。そうなると、天敵とはいえ置物では意味がなくなります。また、CDや目玉模様の風船なども同じ理由で、効果がない場合があります。鳩は、危害を加えない相手に対して恐れるほど臆病ではないのです。鳩よけネットも設置の仕方によっては効果が半減します。鳩よけネットを設置する際は、ただ垂らしておくだけではダメです。それだと、隙間から入り込んでくるのです。さらに、磁石の設置もあまり効果はありません。鳩が磁場を頼りに飛ぶという習性を利用するため、一見効果があるように思えますが、小さな磁石程度では、鳩が混乱するような状態を作ることはできないのです。このように、効果が薄い対策をとっても鳩を駆除することはできません。効果を調べた上で、有効な手段を取ることが大切なのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介