鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 掃除から始める鳩対策

最新情報・レポート

掃除から始める鳩対策

鳩は様々な感染症を持っており、糞や羽根などから感染する恐れがあります。鳩が大量発生したり、よく見かける場所では、同じように鳩の糞や羽根も多く見かけます。これらを放っておくと、近くに住む住人や通勤や通学で毎日その場所を通る人に被害が出てもおかしくありません。そうなる前に、正しい対策を取り、鳩を駆除しましょう。まず鳩の住み着きやすい環境は、小枝や針金など巣の材料を調達できるような場所です。公園や住宅のベランダなどに鳩が居着く様になるのはそうした巣の材料が簡単に調達でき、手入れのされていない場所は安全だと判断されてしまうからです。つまり、鳩が居着かないようにするためには、定期的に掃除をすることです。巣の材料がなく、清潔な環境であれば鳩が住み着く可能性は低くなります。そして、鳩に餌を与えることもNGです。定期的に餌がもらえる事で、その場所が安全であると認識してしまうためです。それだけではなく、餌を与えると鳩の健康状態を必要以上に良くしてしまい、過剰な繁殖の原因になるのです。防鳥ワイヤーやネットを設置するのも効果的です。ただし、ネットを設置する際、隙間ができないようにすることが大切です。ネットを垂らしただけだと隙間ができてしまい、そこから侵入されてしまいます。忌避剤を防鳥ワイヤーやネットに塗布しておくと、さらに鳩の侵入を防ぐ効果があります。猫やカラスといった鳩が嫌う動物の置物を設置する方法もありますが、これらは動くこともなければ、鳩に危害を加える事はないため、効果は一時的といえます。こういった対策をとっても鳩の駆除ができないというときは、駆除業者に駆除してもらう事をオススメします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介