最新情報・レポート

鳩を駆除する際の手続き

おそらく多くの人が、鳥獣保護法という法律を聞いたことがあると思います。正式名称は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」というもので、静物の多様性の確保や、農林水産業の健全な発展などを目的としています。イエネズミのように一部の動物は対象外とされていますが、鳩はこの法律の保護の対象にされていますので、勝手に捕獲・駆除する事は禁止されています。しかし、鳩によって被害を受けている場合は、正式な手続きを踏めば鳩を駆除する事ができるようになります。
そのためには、まず環境大臣や各都道府県知事に申請する事になります。基本的には権限の一部が各市町村長に委譲されていますので、そちらに申請する事になります。そこで審査を受け、基準を満たしていれば許可証が発行されます。駆除の際には許可証を携行し、駆除結果を報告する義務も発生します。
しかし原則として、このような許可捕獲でも狩猟免許が必要になります。つまり、狩猟免許が無ければ結局鳩の駆除を行う事もできないのです。そこで、害獣駆除業者の出番となります。このような業者に依頼すれば手続きも代行してくれますので、依頼主は手間を掛ける必要がありません。仮に手続きや免許などをクリアしたとしても、鳩の駆除は簡単ではありませんので、害獣駆除業者にお任せください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-108
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼