鳩を傷つけてはいけません|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩を傷つけてはいけません

最新情報・レポート

鳩を傷つけてはいけません

もしも鳩被害に遭っていたとしても、ご注意ください。たとえ鳩の糞や鳴き声などに生活を脅かされていても、鳩を傷つけるような事はできないのです。皆様は「鳥獣保護法」という法律を聞いたことは無いでしょうか。正確には「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」という名前で、野生の鳥類や哺乳類の保護と管理を目的としています。この法律は鳥獣の捕獲や卵の採取を禁止しているため、鳩を勝手に駆除する事もできないのです。直接触れるような事をしなくても、対象の鳥獣を衰弱させたり、強力な威嚇などを行っても法律に抵触する事があります。もしも違反してしまうと懲役や罰金を科せられる事がありますので、いかに鳩被害が大きくてもそのような行為は決して行わないようにしてください。
仮に法律に抵触しなかったとしても、鳩駆除を安易に行うのは非常に危険です。鳩は縄張り意識が強い動物のため、すっかり住み着いてしまった鳩を駆除しようとしますと、激しい抵抗を見せる事があります。それによって怪我を負うことがありますし、鳩が保有する病原菌やダニを移されてしまうことがあります。時には命の危険を伴うこともありますので、鳩の駆除も油断できないのです。
このような理由から、鳩駆除は簡単に行えるものではありません。そのため、鳩駆除はそのための知識を持った業者に依頼するのが最善の策となります。もしも鳩の被害にお悩みでしたら、まずは当サイトよりご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介