鳩への忌避剤の使い方|鳩被害の駆除・対策を2万円から&追加料金無し|鳩110番
鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 鳩への忌避剤の使い方

最新情報・レポート

鳩への忌避剤の使い方

鳩の駆除をする際には追い払うことを基本としております。この点で役立つのが忌避剤です。鳩が嫌がる臭い、味などの成分が含まれた薬剤を使うことによって鳩を追い払います。では、これらをどのように使うべきなのかを今回はご紹介しましょう。まず鳩の対策に必要なのは、状況をレベル分けすることです。ちょっと休みに来る鳩がいる段階が1、何度もやってくる鳩がいる場合は2、眠りに来る段階が3、巣を作っている段階が4です。忌避剤が有効なのは3までとなっています。それまでに何とかして鳩駆除を成功させないといけません。忌避剤には固形タイプのもの、スプレータイプのもの、ジェルタイプのものがありますが、レベル3までの間でずっと効果があるのはジェルタイプのものとなっています。これは鳩が嫌う臭いの成分が入っていて、ジェルということで足や羽についたら不快感を与えますし、またそれを取ろうとくちばしでつついた時には嫌な味がするという3点攻撃が可能となっているのです。また効果も長く、1年近く維持できるためによく使用されます。スプレータイプや固形タイプのものはレベル1の段階でなら効果がありますが、上がるにつれてやや効果が薄くなってきます。重点的に使うのであれば、ジェルタイプのものが良いでしょう。スプレータイプや固形タイプはジェルが設置できない場所に使うということが多くなっています。どのように忌避剤を使うのかは鳩の駆除をする際に業者にまかせましょう。慣れた業者であれば、適切な忌避剤の使い方をしてくれるからです。忌避剤を使いこなす業者をご希望でしたら、ぜひ当サイトをご利用ください。確かな知識、技術を持った業者が見つかります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介