最新情報・レポート

鳩が持つ病原菌について

鳩が様々な病原菌を持っている場合があることは、あまり知られていません。具体的にはどのような病原菌を保有している恐れがあるのかをご紹介します。

【クリプトコッカス症】
こちらは鳩の糞に含まれていることがあるカビの一種から発症する恐れがあります。空中に舞い上がり、人間が体内に取り込んでしまうと発熱、胸痛を引き起こすことがあります。また、場合によっては中枢神経症状へ発展してしまい、命の危険にさらされてしまうこともあるのです。

【オウム病】
こちらも感染経路はクリプトコッカス症と同様であり、鳩の糞を清掃した際に「オウム病クラミジア」を取り込んでしまい、発症することがあります。1週間前後体内で潜伏した後、咳や発熱、関節痛などのインフルエンザに似た症状が発生します。

【その他の菌】
他には、「サルモネラ食中毒」などがあります。一般的にはねずみが保有している病原菌なのですが、鳩もこちらの菌を保有していることがあります。全体の約2%程度の鳩がこちらの病原菌を保有していると言われており、発熱や嘔吐、腹痛などが症状として現れる場合があります。

ここにはほんの一例を紹介させて頂きましたが、他にも寄生虫や衛生害虫など、様々な被害を及ぼす可能性があります。鳩の糞を掃除する際は、このような病気を発症させてしまわぬよう、十分に注意して行う必要があります。また、これらの被害は時間が経過すればするほど危険度が高くなってしまいますので、鳩駆除でお悩みの方は早めに業者の方へ相談を持ち掛けることをオススメします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-108
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼