鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 最新情報・レポート > 食用としての鳩

最新情報・レポート

食用としての鳩

ドバトは中国をはじめ、フランスや地中海沿岸諸国で日常的によく食されています。日本では鳥獣保護法で野生の鳥を捕獲することが規制されていますし、簡単に鶏肉を購入できるので、鳩を食べるきっかけが乏しくなっているためか食用とするのはごくごくまれなことです。鳩は頻繁に卵を産まないので鳩の卵は、ニワトリの卵と比較すると高級食材として扱われているそうです。土地が変われば害鳥であるドバトの扱いが高級食材に変わるとはなんとも不思議な感じです。
日本人にとって馴染みの薄い食用の鳩ですが、逆に鳩は、雑食のため人間の食べ物を食べてしまうことが頻繁にあります。そうして「餌が手に入る」と認識するようになれば、鳩はその場に住み着いてしまう危険が増してしまいます。そうなってからでは鳩駆除は難しいため、早め早めの対策が必要になるのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介