鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 盛岡市の鳩対策駆除サービス
盛岡市の鳩対策駆除サービス

盛岡市のコンクリートマンションに潜む鳩の糞尿被害対策

近年では全国各地の都市でハトによる糞尿などの被害が問題になっています。ハトという鳥は古くから人間に飼育されてきました。日本でも伝書バトをはじめ、ペットとしても広く愛されてきた歴史があります。各地の公園や神社でもハトの群れは訪れる人に親しまれています。そんなハトも、市街地で増え過ぎたために害鳥として嫌われ者になってしまったのです。公園や神社の境内では、ハトに餌をあげている人も少なくありません。そのようなハトは人に慣れていて、近づいても逃げようとしないものです。現在では野生化しているハトも、祖先をたどれば人に飼われていたことを窺わせます。ハトが増え過ぎた背景として、人間の身勝手さも指摘できるかもしれません。しかしながらマンションなどに巣を作って糞尿をまき散らすハトは、住人にとって迷惑な存在でしかないのも事実です。いくら平和の象徴として親しまれている鳥でも、糞を放置していてはマンションの衛生環境が悪化して住人に健康被害が及びます。糞にはクリプトコッカス症などの原因となる細菌が含まれており、害虫発生の原因にもなります。ハトは日本のほぼ全域に分布していますが、特に被害が多いのは東北地方の太平洋側から関東地方、中部地方、九州地方です。岩手県では内陸部ほど被害が多発しており、県庁所在地の盛岡市でも多くの市民が悩まされています。人口約30万人の盛岡市にはおよそ12万5千棟の住宅があります。そのうちの28%に当たる35,560棟がマンションなどの非木造共同住宅です。県内でも人口が集中している盛岡市には、他の市町村よりもマンションの比率が高くなっています。ハトが住み着くのは、そうしたコンクリートマンションなどの高い建物です。高層階のベランダや屋上構造物には、カラスや猫などの外敵から巣を守れる隙間が数多くあるからです。鳩を駆除しようとしても、場所に対する執着が非常に強い鳥ですので簡単にはいきません。素人が勝手にヒナや卵を捕獲するような行為は、鳥獣保護法によって禁じられてもいます。鳥害対策を専門とする駆除業者なら防鳥ネットを張ったり忌避剤を使ったり、飛来した鳩が入り込めないように工事を施工したりして鳩よけ対策を実施します。そうした駆除は市販の商品を使うよりも効果が高いものです。当サイト「鳩110番」のサービスをご利用いただけば、経験豊富な鳥害対策業者を派遣いたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!