鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 熊本県の鳩対策駆除サービス
熊本県の鳩対策駆除サービス

熊本県のコンクリートマンションに潜む鳩の糞尿被害対策

ハトは古くから人間に飼われてきました。その歴史は旧約聖書におけるノアの洪水伝説、さらに古いギルガメッシュ叙事詩にまでさかのぼると言われています。キリスト教文化圏では平和の象徴として長く親しまれており、さまざまな意匠にも使用されています。日本でもハトは盛んに飼育されていました。一般の人がペットとして飼う以外にも、伝書バトは戦前から新聞社などが通信手段として利用していた歴史があります。平和の象徴のはずが、軍用として通信手段の他にスパイ活動にも利用されていた伝書バトもいます。こうして人間の生活に密着していた鳥ですが、電話などの通信技術の発達した現代では伝書バトとしての役割も終え、野生化して増え過ぎたハトは厄介者扱いされています。今や全国の都市でハトによる糞尿被害が問題となっているのです。それは熊本県でも例外ではありません。人口およそ184万人の熊本県には、平成25年の時点で804,300棟の住宅数が確認されています。そのうち約21%に当たる173,300棟がマンション等の非木造共同住宅です。市街地の中でもハトが最も好んで住み着きやすい場所は、高層階に隠れ場所の多いコンクリートマンションなのです。マンションのベランダやエアコン室外機付近、屋上の構造物などにはハトが入り込めるような隙間が数多くあります。そのような場所はカラスや猫などの外敵から大切なヒナや卵を守ることができるため、巣作りの場所としてよく選ばれます。ハトは場所に対する執着が非常に強い上、高度な帰巣本能を持っています。一度巣を作られてしまったら、簡単には駆除できません。鳩が巣を作った周辺には糞尿が飛び散り、悪臭や害虫が発生します。鳩は糞のある場所に寄ってくる習性もありますので、放置せずに清掃することが被害拡大を防止することに繋がります。被害対策としては防鳥ネットや忌避剤なども使われますが、市販の商品では効果が長く続かない例も少なくありません。鳥害対策の知識と経験が豊富な業者に駆除を依頼すれば、市販の鳩よけグッズを使うよりも高い駆除効果を発揮できます。鳩がマンションに飛来しても隙間に入り込めないよう、工事を施工してもらうことも可能です。「鳩110番」では、熊本県エリアの加盟店による鳩被害対策に対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

鳩110番の熊本県地域における対応エリアについて

  • 熊本市中央区
  • 熊本市東区
  • 熊本市西区
  • 熊本市南区
  • 熊本市北区
  • 八代市
  • 人吉市
  • 荒尾市
  • 水俣市
  • 玉名市
  • 山鹿市
  • 菊池市
  • 宇土市
  • 上天草市
  • 宇城市
  • 阿蘇市
  • 天草市
  • 合志市

熊本県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2017/01/01
    エリア
    熊本県合志市
    参考金額
    46,297円

    戸建住宅にお住まいのお客様からのご相談がありました。2階の出窓に鳩が来て糞の被害がひどいため対策の相談をご希望とのことでした。お電話での見積りをまずはご希望とのお話でした。

  • 受付日
    2016/03/22
    エリア
    熊本県合志市
    参考金額
    35,000円

    戸建住宅のお客様から鳩対策に関するお問い合わせをいただきました。2階の窓のひさし部分に鳩が住み着いているのを見つけたとのことでした。鳩対策をお願いしたいが、まずは電話で概算料金を教えてほしいと希望されていました。また、見積り日は決めているが、無理であれば近い日にちで希望するともおっしゃいました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!