鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 甲府市の鳩対策駆除サービス
甲府市の鳩対策駆除サービス

甲府市のコンクリートマンションに潜む鳩の糞尿被害対策

甲府市の住宅地で見られる鳩の多くはカワラバトで人に飼われることもあり、ドバトという名前でも知られています。もともとカワラバトは急峻な山岳地帯の崖の中腹でキツネなどの野生生物に襲われない場所に巣を作っていました。甲府市には29050軒のマンションをはじめとしたコンクリート製の建物があります。マンションのベランダを中心にドバトは巣を作ります。垂直に立ちあがるマンションが崖のようでもあり、人間の近くにいることで天敵のカラスに襲われないこともあってマンションのベランダがお気に入りの場所となりました。巣といってもツバメのようなしっかりした巣を作るのではなく、エアコンの室外機の裏をそのまま巣として利用することも多く、一見すると巣とは見えないこともあります。ドバトは巣への執念が凄まじく、ベランダに剣山をたてたりと居心地を悪くしてもいつづける性質があります。ドバトの糞には病原菌やアレルギーをおこさせる物質が多種類含まれているので、巣を作られないように対策が必要です。ホームセンターにはたくさんの鳩対策商品が売られています。例えば、目玉が書かれた風船やカラスの置物がありますが、現在の鳩にはほとんど効果がありません。忌避剤についても多くの種類があり、いついた時期や鳥の数によって何を選んだらよいかの選択は難しいものです。防鳥ネットは隙間がないようにしっかりと設置することができれば、鳩対策には非常に効果がある対策です。しかし、市販のネットは目が粗いため簡単に侵入することができたり、下に隙間があいているとくぐりぬけてしまうケースが頻発しています。鳥駆除専門業者の扱っている防鳥ネットは鳩が侵入できない素材で、かつ隙間があかないように確実な作業をしてもらえます。業者による駆除では忌避剤も使用しますが、長年の経験から最適な薬剤を選択してくれます。薬剤に関しても人間への健康に留意して天然型の忌避剤が利用されます。鳩に住まわれる前であれば予防をすることはできますが、巣を作られてしまったら個人的な対処はほぼ不可能です。健康被害が起きてしまう前に甲府市内の専門の駆除業者に相談して、対応してもらうようにしてください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!