意外と沢山あったハトの予防と対策

意外と沢山あったハトの予防と対策のイメージ

現在、全国各地の住宅やビルで鳩の侵入やその糞害などによる被害が問題となっていて、同時にそんなハトを追い払う為の対応方法も数々考えられています。しかし、次々に生み出される鳩対策の中には、実際に高い成果を上げているものあれば、あまり望ましくない効果を残すものもあるようです。果たしてどんな方法が鳩害解決の秘策となるのでしょうか?

鳩駆除グッズのあれこれ鳩駆除グッズのイメージ

鳩駆除にはたくさんの方法がありますが、まず思い浮かぶのは対策グッズの使用でしょう。今では市販されている商品にも鳩が近づかない成分や臭いを持った忌避剤や保護シートの他、超音波や電磁波、威嚇音を出す機械などもあります。業者でも同じようなグッズを使用していることがありますので、効果も同等と思うかも知れませんが、市販品より更に強力な薬剤を状況に合わせて使っていたり、防鳥ネットや防鳥ワイヤーでも、設置場所をよく考慮して配置するなど、業者ならではの技術が発揮されています。業者ならば微弱電流を使うなど特殊な工法指定をしたり、その後のメンテナンスのフォローも頼めたりします。

項目 鳩避け有針剣山器具鳩避け有針剣山器具のイメージ 忌避剤忌避剤のイメージ ストロボ発光ストロボ発光のイメージ
特徴 鳩が羽を休めそうな場所をブロックする対策で、樹脂や金属でできているタイプが一般的です。屋根や手すり壁などいろんな場所に設置できるため、個人宅からマンション、駅、病院、倉庫など場所を選ばず活用できます。 鳩が嫌がる臭いや成分が入った薬剤のことで、特殊ジェル状、スプレー、霧吹きなど種類も豊富です。鳩被害の進行具合に応じて使い分けることができるため、鳩がとまっている場所はもちろん、鳩予防として使われます。 センサー付きのストロボ発光装置が鳩を感知して瞬間発光します。自動的に鳩撃退してくれる便利な防鳥システムです。鳩除け対策として用いられるストロボ発光器は、鳩だけでなく人間にとってもまぶしすぎることもあるので、設置場所には要注意。
効果 物理的な方法で非常に有効です。さらに手軽に試すことができる鳩対策であることも魅力です。ただし、針同士の間隔が広すぎると、隙間に降り立つこともあるので要注意。これには、縄張りに対する鳩の執着心が関係しています。また、設置する際は糸だけの固定ではズレてしまうので、長期間しっかり固定できるよう、接着剤や強力なガムテープ・両面テープなどで固定するのがおすすめです。 ゼリー状の忌避剤は、すでに営巣してしまったハトにも効果があります。天然成分使用で人体やペットに害がない種類もありますが、なかには臭いがきついものもあるので忌避剤選びは慎重に行いましょう。また、雨などで流れてしまうこともあるので効果期間は限定的です。鳩被害があまりにも進んでしまった場合は思った通りに効果が得られないこともあります。 鳩を含む鳥類は強く光るものを嫌う性質があるので、一時的な効果は高いです。装置を設置するだけなので手間も少なく、一般家庭や駆除業者でも取り入れられることが多くなっています。ただし強力な光のため、近隣住民の方への配慮が必要です。また、鳩が慣れてしまうこともあるため、より確実な鳩対策を行いたいときは鳩ネットとの混合施工がおすすめです。

鳩対策の注意点

鳩対策の注意点

毒餌や罠、エアガンなど直接的な攻撃は動物虐待ですのイメージ

ところで鳩は鳥獣保護法で保護されている鳥だということをご存知でしょうか。実は鳩と同様に厄介なカラスもそうなのですが、この鳥獣保護法で定められた鳥類に対しては、鳥そのものは勿論卵や巣なども保護対象となっているので、いくら糞害防止のためとはいえ、例えばネズミ駆除に使う殺鼠剤などの毒餌による殺傷や、罠で捕獲するといった駆除を行うと犯罪になってしまいます。特に毒を使うと鳩の死骸が散乱することになり、大きな問題となるので絶対にやめましょう。また、エアガンやパチンコ、強力な水鉄砲であっても、直接的に攻撃すると、生き物相手ですから「動物虐待」とみなされる可能性があります。鳩対策には、鳩が近づけないようなシートやステンレスワイヤーなどの設置の他、攻撃するにしても音やレーザーのように「鳩を傷つけない方法」を選択することが重要なポイントになるのです。

鳩駆除方法のQ&A

忌避剤の代わりとして、薬や殺虫剤で鳩を追い払うことはできますか?また、効果に差が出ることはありますか?
まず、忌避剤と薬や殺虫剤とでは成分が大きく違います。効果の程は分かりませんが、万が一使用した薬剤の効果で鳩が死んでしまうようなことになれば、鳥獣保護法違反の犯罪となってしまいます。鳥獣保護法とは、鳩を含めた鳥獣の保護を目的とした法律のことです。近隣への迷惑になることも考えられるため、使用は控えた方が賢明です。イメージ
大量に設置すればマンションに来る鳩を追い払えるでしょうか?また、設置の際に注意することはありますか?
検算は鳩を追い払うために有効な対策ですが、無許可で設置してしまうと、クレームやご近所トラブルに発展することもあります。設置したいときには、必ず大家さんや管理会社へ事前の確認や相談をして適切に設置するようにしましょう。
磁石や鏡の使用も、近隣に思わぬ影響を与えることがありますので、注意が必要です。イメージ
鳩の天敵である猫などをペットにすることで、鳩を追い払う効果を得ることができますか?
鳩の天敵として挙げられるのは蛇やフクロウ、鷹や猫などです。これらは雑食や肉食であるため、鳩を食べることがあるからです。しかし、どれもベランダ等で実際に飼うことは現実的ではないでしょう。それだけではなく、別のトラブルを引き起こしかねません。これらを踏まえると、鳩対策としてペットを飼うことは望ましいといえません。イメージ

自分で試せる対策グッズ

自分で試せる対策グッズのイメージ自分で試せる対策グッズのイメージ

鳩を駆除しようとすると、鳩の縄張り意識の高さや法律が問題になってくることがあります。鳩駆除は業者に委ねるのが確実で安心といえますが、個人でも行えるようなユニークな鳩対策として全国に広まったものもあります。

●手作りグッズによる対策

釣り糸でベランダに磁石やCDをぶら下げたり、或いはペットボトルで作った風車を組み合わせた磁石風車をなど、自作の駆除方法では、磁石を使ったり視覚的効果を期待したものがよく見られます。

●アロマグッズによる対策

菜園などで使われる木酢液や、タバコを水に浸したニコチン水など、鳩が嫌う臭いを利用する方法が有名ですが、これは人間にとってもいい香りとは言えません。近年はハーブやバラの香水や芳香剤を振り撒いたり、ローズゼラニウムをガーデニング代わりに置いておくなど、アロマによる鳩対策も人気があります。香りを楽しみながら駆除出来るのは正に一石二鳥と言えます。

他にも100円均一で販売されている網やすだれを使用して作る方法などがありますが、強度はそれほど強くないので注意が必要です。しかし、持続効果は別としても、自分で簡単に出来る対策である程度の防鳥効果が出るならば、業者による本対策の補強的対策として有効と言えるかもしれません。

鳩駆除のイメージ

鳩駆除には、業者が行う徹底的な対策もあれば、家庭で簡単に用意できる手作りグッズなどもあり、その方法には沢山の選択肢があります。ですが、どんな場合にも大切なのは「被害を未然に食い止める」ということです。鳩の糞は洗剤で洗ってもなかなか解消できないなど、見た目にも衛生的にも深刻な被害を残すこともあります。もし鳩に侵入されたら、鳩害を初期段階で解消できるように早めに対処するようにしましょう。
また、自分で対策を行う時には、ご近所から苦情が来たり、鳥獣保護法違反の対象になってしまう方法は避けなければなりません。実施に不安がある時には業者に相談を寄せるなどして、安全で確実な対処を行っていきましょう。

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-108

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
無料現地調査は、対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-108
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼