鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 福井市の鳩対策駆除サービス
福井市の鳩対策駆除サービス

福井市のコンクリートマンションに潜む鳩の糞尿被害対策

福井県の県庁所在地・福井市は、平成26年2月1日現在で人口265,754人という県内最大の都市です。古くから繊維産業が盛んな他、伝統産業としては銀杏木工や仏壇、和蝋燭などがあります。平成25年の時点では住宅数99,506棟に対して、マンションなど非木造共同住宅が21%の21,570棟を占めています。県平均の13.5%よりもマンションの割合が高く、それだけ人口が都市部に集中している点が窺えます。全国のコンクリートマンションで近年、ハトによる糞害が大きな問題となっています。ハトは福井市内でも公園などでよく見かけ、市民に親しまれていますが、市街地で増え過ぎたためにさまざまな害を及ぼしているのです。特に高層階の多いマンション住人にとっては、ベランダなどに住み着かれる恐れがあるので注意が必要です。紀元前から人に飼われ始めていたハトは、もともと洞窟や崖などの岩場に巣を作っていたと言われています。そのような場所は天敵からヒナや卵を守ることができるので、子育ての場としてハトが好んで利用するのです。現代の都市で似たような環境と言えば、コンクリートマンションなどの高い建物が該当します。ベランダやエアコン室外機の陰、換気扇フードの中など狭い隙間にはカラスや猫などの外敵が入り込めないため、巣に最適な環境です。こうした場所を見つけると、ハトはたとえ追い払われても強い執着を見せて戻ってきます。一度鳩に目をつけられてしまったら厄介です。ホームセンターで売られている防鳥ネットや忌避剤などの鳩よけグッズや駆除商品も、一時的な効果しか期待できません。鳩の糞には日和見感染を引き起こす細菌や、アレルギーの原因になる物質が含まれています。鳩には糞のある場所を好んで飛来する性質もありますので、被害を拡大させないためにも汚された床や敷地の清掃は欠かせません。根本的な対策としては、鳩が入り込む隙間を塞いでしまうような工事をベランダ等に施工することが挙げられます。「鳩110番」では、福井市エリアの鳩の駆除にも対応しておりますので、鳩でお困りの際は一度お問い合わせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!