鳩駆除・対策の事なら鳩110番TOP > 青森市の鳩対策駆除サービス
青森市の鳩対策駆除サービス

青森市のコンクリートマンションに潜む鳩の糞尿被害対策

日本では、5属13種の鳩の種類が存在していると言われています。公園や駅前などでよく見られるトバトは、人の生活に最も近い存在の鳩です。餌の大部分を人間があげるものや道に落とした食べ物などに依存しています。巣や生活の拠点となる場所がビルやマンションなどです。青森市など緑が比較的密集している地域では、キジバトも多いです。キジバトはもともと木の実や種子などを餌として森林に住んでいましたが、最近では人の生活エリアまで行動範囲を広げていると言われています。青森市など地方では、アオバトやカラスバトという種類も見られます。青森市では17,000棟ほどのマンションがありますが、多くの場所で鳩の被害があります。鳩は生後約1か月すると巣立ち、生後半年頃になると繁殖期に入ります。繁殖は基本的に年に3回から4回ほどと言われ、産卵時期が4月から6月にかけての春ですが、人間の住む環境に近い場所で生息すると容易に食べ物が手に入るので繁殖にも拍車をかけています。最近では年に7回から8回ほどの繁殖が可能であると言われています。外敵がいない場所で水のある場所、餌のある場所は最高の住み家となるので、マンションのベランダは最も適していると言えます。その為、マンションのベランダに住み着くことでベランダ周辺にはフンが見られます。フンがあることで美観が損なわれるだけでなく、ゴキブリやダニなどの害虫の発生源になります。寄生虫やアレルギー物質、病原菌などを媒介する可能性があり、人間の生活を脅かしかねないので駆除の対策を取る必要があります。鳩の駆除対策を行うことで、カラスなど他の鳥害の防止にもなります。鳩は、同じ場所でフンをしますが、それは特定の行動パターンがあるからです。自分の行動パターンを目印に集団で飛来することもあるので、フンが山盛りになることもあります。駆除対策は専門知識のある業者のサービスを受けることが一番早い解決策になると思います。

青森市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015/10/25
    エリア
    青森県青森市
    参考金額
    28,000円

    こちらのお客様は、自宅の違和感からご自身で調査に行われたそうで、その結果、2階の屋根裏に5~6羽の鳩が住み着いていることを発見したようです。発見はしたが駆除は業者に任せたいとのことで、そのための相談に踏み切ったとのことでした。鳩駆除の詳細な見積りの日程は、電話で相談して決めていきたいとのことでした。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!